ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「幸せなひとりぼっち」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20180620215842j:plain

幸せなひとりぼっち(2015)

意地悪で頑固なおじいさんが主人公のスウェーデン映画……ふーんという感じで観てみたのですが、シンプルにグッとくるなかなかいい作品でした。ベストセラーの映画化らしく、本国では大ヒットしたらしい。ベストセラーの映画化(しかも感動系)って成功例と失敗例の差が激しい気がしますが、本作はいい塩梅にできているのだとおもいます。

 

主人公のオーヴェじいさんは体格も良く威圧的、地域の若者やコミュニティの住人から厄介者扱いされ距離を置かれています。ルール遵守に厳しくイヤミや憎まれ口ばかり言っていて、野良猫にまで意地悪。

ある日、長年勤めてきた鉄道会社をリストラされたオーヴェ。孤独に耐えきれず亡き妻ソーニャに会いたい一心で、首吊り自殺を測るのです…が、ちょうどその時、彼の向かいの家に若い夫婦と2人の幼い娘一家が引っ越してきます。身重のパルヴァネ奥さんは朗らかで気のいい移民。オーヴェとパルヴァネ一家が交流するうちにオーヴェの過去が語られ、彼の心は少しずつやわらかくなっていくのです。

 

頑固なオーヴェじいさんと気さくで人懐こいパルヴァネ一家の交流の物語であるのと同時に、オーヴェと亡き妻ソーニャの純愛物語でもあります。オーヴェが自殺の間際に回想するのは、幼少期から青年になるまでの父との思い出、そして偶然出会って恋に落ちたソーニャと過ごした穏やかな日々…。断片的な回想から、なぜオーヴェがクソジジイになってしまったのかが痛いほど伝わって切ない。でもって若いソーニャがいかにも北欧のキュートな女性、という感じで、久しぶりにカーディガンズとか聴きたくなりました。

 

こういう映画を観ると「人生だよなぁ」としみじみおもってしまう。性善説を信じているわけではないけれど、やっぱり人は外的要因によってどんなキャラクターにもなりうるのだとおもうのです。「あいつほんと死ねばいいのに」という性悪クソ人間でも、きっと何かのきっかけや原因があってクソ人間になってしまったのだと。その人生に思いをはせると、あまりにも重すぎてたまらなくなります。人生って本当に重たい。どんな人間も、重たいものを背負ったり引きずったりしながら生きているんだよなぁ。

 

なんだか暗く?なってしまいましたが、この映画は全然暗くなくて、むしろ明るくて心があったまる系です。

 

 

幸せなひとりぼっち(字幕版)