ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「葛城事件」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20180117094628j:plain

葛城事件(2016)

昨年末に観た「その夜の侍」の湿っぽい衝撃が忘れられず、赤堀雅秋監督の別の作品も気になり観てみました。

 

両親と2人兄弟の葛城家。この一家の引きこもり弟が無差別殺人事件を起こしてしまうのですが、事件の前後を時間軸が行ったり来たりしながら、家族の様子を描いている作品です。

一見、諸悪の根源は父親(三浦友和)であり、父親の言動が家族の心を摩耗させて崩壊させていくように見えます。でも何だか、そんな単純な話じゃないような気もするのです。兄にばかり期待し、乱暴ですぐ怒鳴り暴力をふるい、小さな社会で王様気取りの傲慢な父親は完全に異常です。ただ、家事を放棄して引きこもりの弟を溺愛する母親(南果歩)も、悩みを相談も解決もできず全て背負って静かにどうにもならなくなってしまう兄(新井浩文)も、無職引きこもりを正当化する高慢な弟(若葉竜也)も、みんなちょっとおかしい。それに加えて、死刑判決を受けた弟と獄中結婚した人権活動家(田中麗奈)もやっぱりおかしい。主要登場人物の誰もが心闇だらけに見えて、最終的に1ミリも救いがなかった。

無差別殺人犯を生んだのは家庭なのか?社会なのか?明確なこたえは映画の中には無いし、凶悪犯ってどこにでも生まれる可能性があるような気がして、不気味な恐怖と胸糞感の残る映画です。このお話、大阪の池田小事件の元死刑囚・宅間守をベースに、色々な事件のソースを混ぜて作られたそうです。

 

食事シーンが印象的でした。料理をしない母親が無表情で食べるコンビニ弁当やカップラーメン、スーツ姿の兄が公園で食べる菓子パンなど、どれも寂しく粗末なもの。幸せな映画には美味しそうな食事が出てくることが多い気がするので、冷たく乾いた食事はその生活環境や心理状態のメタファーになっているのだとおもいます。そういう視点で見るラストシーンは、異様で、馬鹿馬鹿しくて、絶望的でした。(しかし無性にとろろそばを食べたくなるという不思議)

 

 

葛城事件