ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「歩いても 歩いても」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20180117094152j:plain

歩いても 歩いても(2008)

ある目的のために生家に集まった家族の、2日間のお話。例えばお盆や年末年始などに実家に集まるような、そんな感じです。取り立てて何か事件が起こるでもない2日間。登場人物もありふれたキャラクター。説明的なものが一切ない中で、ごく自然なセリフから登場人物の機微や家族の背景が見えてきます。

家族や親戚だからって何でも言い合えるわけじゃなく、むしろその距離感だからこそ言いにくいこともあります。遠慮したり、皮肉っぽく言ってみたり、あえて言ってみたり、あえて言わなかったり。そういう家族同士のよくある会話の掛け合いにまったく台詞っぽさがなく、何でもない日常にこそ人情のドラマがあるのだなぁ、と思い知らされます。

 

阿部寛樹木希林が親子役、歌謡曲の一節が作品のタイトル、主人公の姉は実家に頼りがち、という点で「海よりもまだ深く」と重なる部分もありますが、本作の方が「息子を持つ母親」のちょっと独特な愛情が強く見えるような気がします。

母親にとって娘は、そのうち女同士の対象になるけれど、息子はいくつになっても可愛い我が子なんだろうなぁ、ということを実父と祖母や義母と夫を見て、私はおもっていたのでした。

 

 

歩いても歩いても [DVD]