ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「ロッキー」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20180117093234j:plain

ロッキー(1976)

新年に「2018年がんばるぞー!」と気合の入りそうな映画を観ようとおもい、貧乏ボクサーのサクセスストーリー「ロッキー」を観てみました。

以前シリーズ6作一挙放送をしていたのを、録画だけしてずっと温めて(放置して)いました。実は「ロッキー」シリーズを一度も観たことがなかったのです。テーマ音楽だったり、トップ画のシーンだったり、エイドリアンという女性が登場するらしいことは知っていたのだけれど。

もう40年も前の映画(!)なので「ロッキーの服まじでボロい」とか「野球ボール(?)持ち歩いてる人いないよねぇ」とか、そういうツッコミどころはあるのですが(今でもプロテインの代わりに生卵飲む人はいるのかな?)、でもやっぱりサーマルにグレーのスウェットとオールスターのハイカットでランニングやトレーニングをするロッキーはかっこいい。このトレーニング姿は他でもオマージュやパロディで散々使われているから、そういう風に刷り込まれているのかもしれません。

あと意外だったのが「エイドリアンはイケてる美女」と思っていましたが、実際は「ペットショップに勤める奥手のメガネ女子」だったこと。後半になるにつれてメガネを取り垢抜けていくのですが、これがいちばんのびっくりでした。

クライマックスの試合のシーンはグッときたし、有名なラストは胸熱だったし、今作を忘れないうちに続きを観なくちゃ、とおもいました。

映画が好きですが、「名作」と言われている映画を全然観ていません。2018年は名作をたくさん観たいなーとおもいました。

 

 

ロッキー (字幕版)