ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「聖の青春」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20171225223141j:plain

聖の青春(2016)

夭逝した棋士村山聖について書かれたノンフィクション小説の映画化。いつだったか「金スマ」で特集していたのを見て、将棋のことは全然わからないけれど「すごい人がいたもんだなぁ」と感動したので映画も観てみました。

 

小学校入学前に「ネフローゼ」という腎臓の難病が見つかり、入院することになった聖少年。退屈しないように、と父が持ってきてくれたいくつかのゲームの中から将棋セットを選んだ聖は、あっという間に将棋のおもしろさに魅入られたようです。

慢性的な病気を患っている聖は、常に倦怠感や腰の痛み、発熱を繰り返します。それでも将棋にかける情熱は失せるどころか高まる一方。本編は、青年になりプロ棋士となった聖が、尊敬の対象であり最大のライバルである羽生善治と対戦するために関西から東京へ出てからの物語がメインになっています。

 

村山聖棋士は病気の副作用のため全身がむくんでいたのだと思いますが、彼を演じるにあたって役作りのためにかなりの増量をした松山ケンイチ、演技も素晴らしかったです。ご本人の映像を見たことがないし原作も読んでいないけれど、すごくよく研究されているんだろうなぁということが伝わってきました。

それから羽生善治さんを演じた東出昌大さんも、ご本人と瓜二つでびっくりしました。羽生さんはつい先日、なにやら偉業を達成してニュースになっていましたね(本当に将棋のこと分からないんです)。私程度の人でも知っていて、なおかつまだ現役バリバリの人物を演じるのは、なかなか勇気のいることだし大変だったと思います。でも東出昌大演じる羽生さんは、めちゃくちゃ素敵な人でした。

村山聖のお師匠役のリリー・フランキーも優しい関西のおっちゃん感がよかったし、同世代の棋士を演じたバブリーで色付きメガネ&五分刈りの柄本時生もナイスキャラでした。

 

繰り返しになりますが、将棋のことはちんぷんかんぷんでも、将棋の指し方にはその人となりが表れて、対戦を通してお互いを知り会話をしているのだろうなーということが分かりました。全くタイプの違う村山聖羽生善治は、友情とかじゃなく凡人にはわからない何かをお互い感じあっていたのかなーなんて。定食屋で瓶ビールを飲みながら静かに会話をするシーンと、その後の対羽生善治戦での村山智の最後の一手がとても印象に残っています。

 

 

聖の青春 [Blu-ray]