ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「イン・ザ・プール」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20171019203541j:plain

イン・ザ・プール(2005)

三木聡長編映画初監督作品なのかな。様々な心の問題を抱える人たちが精神科医の伊良部(松尾スズキ)のところにやってくるお話。

オダギリジョーは陰茎硬直症?だし、市川実和子は何度確認しても不安になってしまう強迫神経症だし、田辺誠一は泳ぐことでストレスが解消できると信じているプール依存症だし。どれも笑ってはいけないれっきとした病気なのだけれど、それらをユーモラスに表現しているから全然ダウナー感なしで観られます(いやでも実際そうなったら相当重症なのは間違いないけれど)。

オダギリジョーの症状は正直女性の私にはよくわからないところもあって、でもまあこんなことになったら大変だろうなぁ、というのはわかる。市川実和子田辺誠一の症状は、なかなか多いのかなと思います。

私の母は大抵のことは大雑把だけれど、ある一部のことにはすごくこだわりがあります。例えば、洗濯物の向きは全て同じ方向でなくちゃダメで、それだけならまだいいのだけれど、家族の誰かひとりだけ違う向きに干すとその人は事故に遭うんじゃないか、とか。出かける時にスリッパを、帰宅時にスッと履ける状態に揃えておかないと、二度と帰宅できないんじゃないか、とか。こわい。

私は精神科医ではないので本当のところはよくわからないけれど、おそらく幼少期の家庭環境などから家族に対する執着というか、失いたくないという想いが強すぎて極端な不安に陥ってしまうのだと思います。母はこの不安のせいで日常生活に支障をきたすようなことは無かったし、娘たちが自立したり自分も歳をとっていちいち心配していたら疲れるようになったのか、今は洗濯物やらスリッパひとつで不安を抱くこともなくなったようです。つまり、この程度の不安や自分なりのルールやジンクスを持っている人ってたぶん結構いて、誰でも症状が悪化したり、何かに依存したりする可能性があるのだと思う。

ところで、原作ではこのDr.伊良部がシリーズ化されているそう。ウィキペディアを見てみたら、阿部寛でドラマ化したりもしていたみたい(見たい)。原作もおもしろそうだなーと思ったら、昨年のドラマ「ナオミとカナコ」の原作者なのでびっくりした。へー知らなかったなー。あのドラマ好きだったな。主演の広末涼子内田有紀も綺麗だったし、高畑淳子の李社長も最高だった。李社長が好きすぎて、李社長のシーンだけを寄せ集めたDVD「李社長スペシャル」を作って友人にもあげました。

 

 

イン・ザ・プール [DVD]