ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「転々」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20170721003346j:plain

転々(2007)

大学8年生で80数万円の借金を抱える主人公の文哉(オダギリジョー)は、借金取りのおじさん(三浦友和)から「俺の散歩に付き合ってくれたら100万円やる」と提案されます。なんだかイヤな感じしかしないし胡散臭いと思いつつも、背に腹はかえられない文哉はその誘いに乗って待ち合わせ場所の井の頭公園へ向かうのです。ほどなくして現れたおじさんは福原愛一郎と名乗り、おかしな2人の東京散歩が始まります。

 

物語は、ある事情を抱えた福原が思い出の地を文哉とともに散歩する前半と、こどものいない福原と親のいない文哉が擬似家族となって生活する後半に分かれています。三木聡監督らしく、野良猫がいるーと思ったらぬいぐるみだったり(しかも一度だけじゃない)、くだらない小話がふんだんにあったり、時効警察の三日月くんが駐禁取り締まりをしていたり……とにかくたのしい小ネタの連続です。

ふせえり岩松了松重豊の3人組が図らずも福原の運命を握っているのですが、彼らのやりとりなんかもうくだらなくてくだらなくて最高です。

お散歩ロードムービー感の前半で主人公と福原の距離が少しずつ縮まり、後半の家族ごっこでは父と息子を演じるうちになんとも切ない気持ちになっていきます。この切なさを表すチャツネのエピソードと「幸せは気づかないうちにじわじわとやってくるけれど、不幸は突然やってくる」という台詞がこの映画のなかでいちばん好きです。

こんなに切ない気持ちにさせて涙まで流させておいて、ラストはとてもあっさりさらっと終わってしまうのだけれど、そこがまたいいなーと思います。

 

三木聡監督が好きで出演している俳優も好き、というだけじゃなくて、井の頭公園から始まって、高円寺や新宿、そして谷中や浅草など、個人的に思い入れのある場所や生活圏が登場している映画。10年前に観たときは何とも思わなかったシーンで「あ!ここってあそこの交差点!」と気づいたりして。なので以前よりも好感度2倍増しくらいになりました。そんなもんですよね。

 

 

転々 プレミアム・エディション [DVD]