ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「最後の追跡」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20170221005224j:plain

最後の追跡(2016)

約1か月前、機内上映で「何観ようかな〜」と選んでいたら、私の大好きなおじさんジェフ・ブリッジスが出ている映画を見つけたので観てみました。

ストーリーは、テキサスのお金に困った兄弟が銀行強盗を繰り返し、それを定年間際の警察官(テキサス・レンジャー?)が追う、という往年のウエスタン映画みたいな感じです。ネオ・ウエスタンというのかな。馬に代わってちょっとしたカーチェイスがあったりテキサス男の撃ち合いがあったりはしたけれど、全体的に静かなトーンの映画。それはストーリー展開もまた然りで、俳優たちの演技や皮肉屋な役のジェフ・ブリッジスジョークとかはよかったけれど、正直「おもしろい!」とはおもえませんでした。

早朝からのフライト&トランジットでの遅延、からの13時間フライト(帰国)中に観ていたので、観ていたというかただ目が開いていただけだったのかもしれない…とちょっと思い直したのは、帰国してからこの作品がアカデミー賞の数部門でノミネートされていると知ったときです。結局受賞は逃しましたが、Netflix作品でありながらアカデミー賞にノミネートされるほど、アメリカ国内で話題になった作品なんですね。

 

これは日本でいうところの時代劇リバイバルみたいな感じで、ネオ・ウエスタンスタイルがアメリカでウケたのかな?とか、アカデミー賞受賞しているコーエン兄弟の「ノーカントリー」になんとなくプロットが似ているからかな?とか、つまらないことを色々考えました。

 

色々考えた結果いちばんしっくりくる答えは「この映画がいまのアメリカを象徴しているのかも」です。

 

そもそもアカデミー賞はエンターテイメント色と政治色が強いお祭りなわけで、今回の授賞式を観ていても、司会のジョークや受賞者のコメントはトランプ大統領批判がものすごく目立ったし、主演&助演賞が男女ともそれぞれ白人と黒人半々だったり、エンターテイメント性の強い「ラ・ラ・ランド」と、人種や性におけるマイノリティーを扱った「ムーンライト」が、作品賞発表のごたごたも含めて話題になったり、とにかく「エンターテイメント」と「政治」なんだな、とあらためておもったのです。

長編アニメーション部門だって「ズートピア」だったし。それにしても2013年からスタジオジブリは毎回ノミネートされているのに、毎回ディズニーがオスカー獲っちゃうのがなんとなく悔しい。…それはさておき。

 

この「エンターテイメント」と「政治」という視点で「最後の追跡」という映画を考えてみると、すごくしっくりきます。まず、アメリカ人が大好きなウエスタンという古典がベースになっています。そして、銀行強盗をはたらく兄弟はお金に困ったホワイト・トラッシュであり、ネタバレを避けて言うと、彼らの目的は「遊ぶ金欲しさに強盗〜♪」とかではなく、事の発端にはサブプライムローンが絡んでいるのです。

虐げられてきた多くの有色人種やマイノリティに支持されたオバマ大統領の時代は終わり、新しい大統領としてトランプを選んだのは、豊かなアメリカの時代を築いた先祖を持つ、今は貧しいアメリカ白人だったわけです。

「いまのアメリカを象徴しているのかも」しれないこの映画を、アメリカの政治に深く興味を持っていない日本の私が大いに感動するわけない、ということで納得です。

 

ちなみに、ジェフ・ブリッジスはワイルドな風貌も好きですが、あのちょっとこもった声がなんとも言えず大好きです!