読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「海よりもまだ深く」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20170221004346j:plain

海よりもまだ深く(2016)

かつて作家として受賞したこともある良多(阿部寛)ですが、現在は興信所で働きながらギャンブルに精を出すダメな中年男。良多に愛想を尽かした妻の響子真木よう子)は息子の真悟を連れて出て行ってしまいましたが、良多は興信所勤務であることを活かし、息子や元妻の様子を毎日のようにうかがっていました。

良多の姉(小林聡美)は団地に一人で暮らす年老いた母(樹木希林)を頻繁に訪ねては、夕食のおかずを作ってもらったり、孫の習い事に援助してほしいとさりげなく頼んでみたり、そして「良多には絶対お金を渡さないでよね!」と念を押したりしています。

そんな姉の言動はおかまいなしに、良多は金銭的にキツくなると実家に帰っては仏壇や箪笥をあさります。良多は、響子に支払う養育費も滞らせていたし、息子のために野球のスパイクすら買ってあげられずにいました。

 

私の中の阿部寛は「トリック」とか「スニッファー」のおかげで、すっかり変人科学者みたいな役がお似合いのイメージなのですが、しがないダメおじさんの役がなかなかのハマリ役で意外でした。競輪場のシーンとか。「歩いても 歩いても」も観なくちゃ。

今の自分を否定するように、「こんなはずじゃなかった」という気持ちが滲み出ている良多の台詞は、笑えるけれど笑えない。世間には、思い描いていた大人になれなかった大人の方が圧倒的に多いんじゃないかとおもいます。

 

長身の阿部寛には昭和の団地サイズが小さくて、部屋の襖とかドアの類は頭を下げないと通れないし、古くて小さいお風呂に縮こまって入っている様子がおかしかったです。団地の家は、何十年も過ごした古い団地の独居老人が暮らす一室って絶対こんな感じ、というものすごいリアルがありました。おばあちゃんが孫に出してあげる“おやつ”って孫からしてみると謎チョイスだったりするけれど、その“おやつ”も抜かりなく気が利いていて、ちょっとニヤッとしてしまいました。

あと、過疎化が進んで老人ばかりになっている団地で「クラシック音楽を聴く会」みたいのがあるのですが、そのシークエンスがほんのり醸している哀愁がたまらないです。

是枝裕和監督作品に共通することですが、自然でリアルな会話もよかったです。「そんなことしたらアレだから」とか「アレしちゃおう」とか、日常生活の中で「アレ」という便利なことばはよく使われているとおもいますが、それがそのまま台詞になっています。こういうの好きです。確か、向田邦子作品にも使われていたとおもうのですが、記憶違いかな。

 

崩壊してしまった家族のやり切れなさが描かれていますが、この家族のその後が気になるラストでした。

 

 

 

 

海よりもまだ深く [DVD]