ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「どですかでん」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20161229230042j:plain

どですかでん(1970)

ゴミ山に囲まれた掃き溜めに暮らす人々を描いた群像劇。原作は山本周五郎の「季節のない街」で、監督は黒澤明。黒沢作品の中では異色であまり人気が無い…ような気がするのですが、わたしは好きです。

集落には、例えば現場作業員で呑んべえの夫を交換する2組の夫婦がいたり、同居する姪に内職させて呑んだくれる男がいたり、顔面神経痛で片足が不自由な男(伴淳さん!)と鬼嫁がいたり、幼子に物乞いをさせながら立派な家を建てる夢ばかり語るインテリホームレス(三谷昇)の親子がいたり…とにかく風変わりな人間の寄せ集め。そんな人々の日常を、可笑しさや物悲しさをもって描いています。

タイトルの「どですかでん」というのは、電車狂いの青年・六ちゃんが周りの人からは見えない電車を運転する時に発している言葉。晴れの日も雨の日も、六ちゃんは彼にしか見えない整備工に文句を言いながら、朝から晩まで「どですかでん!」と電車を走らせます。六ちゃんの頭がおかしいと思っている六ちゃんのお母さん(菅井きん)は、毎日お仏壇の前で激しく「ナンミョーホーレンゲーキョー!」と念仏を唱えますが、六ちゃんはそんなお母さんの方こそ頭がおかしいと思っているのです。

戦後の焼け野原のような荒地に建つ粗末なバラックですが、壁一面に彩り豊かな電車の絵が貼られていたり、赤い部屋や黄色い部屋があったり、また夕焼けの橙色など、色彩の鮮やかさがとても印象的です。黒澤監督初のカラー作品だそうで、色の見え方はかなりこだわって作ったのだろうなーと思いました。構図は言うまでもなく、色彩と相まって現代絵画のようなカットがいくつもあります。

 

現実はやりきれないほど残酷だったり他人は好き勝手に言いたい放題だけれど、幸せの定義や価値観、人生観ってのは人それぞれです。妻の浮気で心を閉ざす男もいれば、浮気性の妻が産んだ多くの子どもを我が子のように愛する男もいるし、夫を粗末にする女を非難する男もいれば、「女房を侮辱するな!」と当の夫は激怒するのです。

人には見えない電車を運転している六ちゃんの生活は充実そのものなのだと思います。変化のない毎日や老いていく自分の体を見るのがつらくて毒薬を飲んだ老人が、夢の中では華々しかった過去の自分を生きられると諭されて「やっぱり死にたくない!」と慌てたように、現実世界ではなく妄想世界に生きる方が幸せなのかもしれない、とも思います。

ともあれ、この掃き溜めには飾り気のない人間らしさがあります。その人間らしさは貧しくても健気に生きる人生賛歌ではなくて、人間のみっともなさやだらしなさ、清廉とはほど遠いものなのです。

人間ってどこまでも可笑しくて哀しいんだな。

 

どですかでん[東宝DVD名作セレクション]