読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「ストレイト・アウタ・コンプトン」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20161227150243j:plain

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015)

音ネタ伝記系映画(成功&挫折とか仲間割れとか)は大好物ですが、ヒップホップに明るくないのでドクター・ドレーとアイス・キューブが同じグループだったという事を知らなかったし、イージー・Eは初めて知りました。ヒップホップ通の方々の呆れ笑いが聞こえます。気にしないけど。なので、夫の解説をところどころ受けながら観たのですが、なかなかの胸アツストーリーでした。

1986年、カリフォルニア州コンプトン。ギャングが台頭し暴力やドラッグにまみれた危険な街では、黒人というだけで警察から乱暴な扱いを受け不当逮捕もざらでした。そんな中、DJでの成功を夢見るドクター・ドレーと売人のイージー・Eは、いつもノートとペンを持ち歩く高校生のアイス・キューブ、DJイェラ、MCレンを誘ってN.W.A(Niggaz Wit Attitudes)を結成します。

攻撃的で挑発的なアイス・キューブのリリックとイージー・Eのパフォーマンス、ドクター・ドレーのプレイによって、グループはあっという間にヒップホップシーンで話題になり、レコードは飛ぶように売れます。そこに目をつけたのがジェリーという男。イージー・Eに近づきN.W.Aのマネジメントを一手に受けると提案すると、2人は共同でレーベルを設立します。するとN.W.Aは一気にヒップホップのスターダムにのし上がりますが、その事によって警察の目はさらに厳しくなり、また契約や報酬をめぐってグループ内にも亀裂が入るのです。

 

成功の先には挫折や仲間割れが待っているのがこの手の映画の鉄則で、だからこそ物語がおもしろくなるのですが…これが実話に基づくとなるとやっぱり切ないです。イージー・Eのくだりなんて特にツライ。

ギャングスタラップの先駆者的な存在のN.W.Aですが、ホントのギャングはイージー・Eだけで、ドクター・ドレーもアイス・キューブもちゃんとした家庭に育っているのですね。でも警察は黒人の事を十把一絡げにゴロツキ扱いするものだから「Fuck the Police」という曲が生まれてFBIまで動き出しちゃうけれど、攻撃的なリリックも彼らにとっては当然、自分たちの身に起きている事実を表現するための手段だったのだなーと。

映画で描かれている黒人に対する警察官の態度が本当に最悪で、これって30年くらい前の話なのに今でも同じようなニュースが流れているって事が残念すぎます。ギャングスタラップは「危険すぎる」という理由でどんどん規制され衰退していったらしいけれど、一部の警察官がやっている事は変わってないじゃん。

 

ドクター・ドレーもアイス・キューブもなんとなく似てるなーと思ったら、厳選なるオーディションで選ばれたそうです。しかもアイス・キューブ役を演じたのはアイス・キューブの息子だっていうから、切ない青春映画として素晴らしい完成度に本人も息子も胸アツだったに違いありません。

 

 

ところで、本編には関係ないのですが、夫とふらふら歩いている時に近くの結婚式場から「新郎新婦のご登場でーす!」という女性の声とともにある日本人女性歌手の曲が流れてきたのですが(AIの“ハピネス”なんですが)、「もしヒップホップ好きな夫婦だったらどんな曲流すんだろうね?」「しかもウェッサイでCウォークで登場したりね〜ゲラゲラ〜」という会話をしました。

私は夫の言った「Cウォーク」というのがが分からなかったのでYouTubeで検索してみたのですが、その時に見つけたかっこいいアイス・キューブの動画を貼っておきます。



 

ストレイト・アウタ・コンプトン [DVD]