ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「バーン・アフター・リーディング」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20161227173744j:plain

バーン・アフター・リーディング(2008)

アル中でCIAをクビになったオズボーン(ジョン・マルコビッチ)は腹の虫が収まらず暴露本を書く事を決意します。だらしない格好で1日中家の中に引きこもっているオズボーンに、医師で妻のケイティ(ティルダ・スウィントン)はイライラしているのですが、実はケイティはハリー(ジョージ・クルーニー)という男と不倫関係で夫への愛なんてとっくに冷めており、ハリーにも離婚を迫っていました。

ハリーはケイティに対して「俺も離婚する」と言いながら、出会い系サイトのヘビーユーザーで不特定多数の女性と遊んでいました。そこで出会うのがフィットネスジムに勤めるリンダ(フランシス・マクドーマンド)という女性です。彼女も出会い系サイトのヘビーユーザーで、なかなかいい人に巡り会えずにいたところ現れたハリーに、すっかりぞっこんになってしまいます。

外見にコンプレックスがあるリンダは全身整形をしようと計画しますが、当然保険適用外。多額なお金がどうしても必要でした。そんな時に同僚のチャド(ブラッド・ピット)が持ってきたCD-ROM。清掃員が拾ったというDC-ROMにはCIAの内部情報が書かれており、リンダはこれをネタにして現金を引っ張る事を思いつくのです。

そのCD-ROMはお察しの通り、オズボーンが書いている暴露本のコピーでした。

 

自分が幸せになるには全身整形しかないと思い込んでいる女性、セックス中毒の男性、元CIAで自分が誰よりもキレ者だと思っている男性、神経質で冷淡な女性、iPodが手放せない能天気な筋肉バカ。こういうどうしようもない人間が繰り広げる、どうしようもない物語。

「全身整形なんてしなくても今のままで君はじゅうぶん美しい」と言ってくれる人間がすぐそばにいながらも、中学生レベルの馬鹿げた計画を実行したリンダのせいで次々と人が死んでいく救いようのない展開で、でも最終的には一連の出来事を追っていたCIAの鶴の一声で何事も無かったかのようにすべてが終わるのです。リンダが迎えるラストに、観ている側は「あのドタバタはなんだったんだろう…」と本当に馬鹿馬鹿しくなってしまいます。こいう物語、大好きです。

 

チャールズ&レイ・イームズの「Powers of Ten」みたいに地球の外からズームアップしていったり、逆にズームアウトしていくという演出があって、それがいまいちよく分からない。

 

馬鹿げた人間の馬鹿げた出来事なんて世の中にゴマンとある話だって事なのかな?そしてCIAは平民のクソくだらない事件なんて(例え死者が出ても)どうにでも処理できちゃうし、地球全体すら俯瞰できちゃう神様のような存在だって事なのかな?って事でエンディング曲でCIAをディスっているのかな?

 

バカだけど愛嬌があって憎めないチャドを演じたブラッド・ピットがすごくいい。こういう変なキャラとかアクの強いキャラを演じるブラピ、最高です。

私の母はブラピの事を「世界一いい男」と言っているのですが、母と一緒に映画館で「ベンジャミン・バトン」を観た割とすぐあとにこの映画が公開されて、もちろん母と一緒に観に行きました。母はどちらのブラピが好きだったのかな、と思って今になって聞いてみましたが、「バーン・アフター・リーディング」を観た事をすっかり忘れて思い出せないそうです。わはは。

 

バーン・アフター・リーディング [DVD]