ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「闇金ウシジマくん the final」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20161226234459j:plain

闇金ウシジマくん the final(2016)

劇場版のウシジマくんは、ウシジマが関わりつつも基本的にウシジマのいないところで物語が展開していくのが好きです。シリーズファイナルとなる本作もそうで、メインになっているのがホームレスの拉致監禁&強制労働という貧困ビジネス闇金相談悪徳弁護士のお話。

そして、そのホームレスを束ねているのがウシジマと因縁のある鰐戸三兄弟で、ウシジマと柄崎(やべきょうすけ)や戌亥(綾野剛)、さらに犀原(高橋メアリージュン)の中学時代の出来事を回想しつつ、物語はクライマックスに向かいます。

ウシジマの同級生でホームレスの竹本を演じた永山絢斗の、自己犠牲の上に成り立つ無償の愛に溢れた笑顔がすごく印象的でした。それから、中学時代の回想で柄崎とお母さんのやり取りが少しだけあるのですが、おかんネタにとっても弱い私はそこで号泣。あとどうでもいい事ですが、この映画を観てからラジオで債務整理のコマーシャルを聞くと八嶋智人の顔がチラつくようになってしまいました。

 

ウシジマくんシリーズの劇場版を観て毎回思うのは、正義が勝つ勧善懲悪ではなく、かと言ってヒールが活躍するというのでもなく、しょうもない人間には相応以上の結果が待っているけれど、でも今回みたいに心根の優しい人間にだって傷口に粗塩みたいなラストが待っていたり、分かりやすいようでいてとても一言では言い表せない物語だということ。ウシジマ(演じる山田孝之)はとってもクールだけれど、結局彼も悪なんだよなぁ…「闇金こわい」という啓蒙映画であることは間違いないと思います。

 

前作を観た時にも書きましたが、これで山田孝之演じるウシジマくんは見納めかと思うと本当に悲しい。メアリージュンちゃんの「ウシジマァー!」っていうのが聞けないのも寂しい。「帰ってきた ウシジマくん」とかやらないのかな。