ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「12モンキーズ」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20160625145729j:plain

12モンキーズ(1995)

 蔓延したウィルスによって人類の99%が死滅した近未来、残った1%の人々はモグラのように地下に潜って暮らしていました。“ボランティア”として危険な地上調査を行った囚人のジェームズ(ブルース・ウィリス)は、その観察眼や記憶力を買われ、ウィルスが撒かれた1996年にタイムトリップし、ウィルスを散布した実行犯とされる「12モンキーズ」の正体を掴むよう科学者たちに命じられます…。

テリー・ギリアム監督が熱望してようやく叶ったブルース・ウィリスの起用だったのに成功しなかった、と言われている作品ですが、私は好きです。全編に渡って伏線祭りみたいな構成が、分かりやすすぎるとかメジャーを狙った感がいやらしいとか逆に伏線じゃない箇所が目立つとか色々言われているようですが、散りばめられた伏線を回収した瞬間って単純に気持ちいいし、その気持ちよさがたくさん味わえて且つ観終わったあともスッキリ、なのでそれはそれでいいじゃん、と思います。

先にも書いた通り、ブルース・ウィリスのキャスティングはギリアム監督の念願叶ったり、だったのですが、作品の中ではクレイジーな役のブラッド・ピットに完全にオイシイところを持っていかれちゃっています。「スナッチ」や「ファイト・クラブ」もそうですが、若いブラピのクレイジーな演技ってほんと大好き。その上、左目は黒目がズレちゃってるんだもん、ずるすぎる。

過去に送られたジェームズは「自分は未来から死のウィルス解明のためにやってきた」と主張することで精神病院に入れられてしまいます。以前別の映画の感想にも書いていますが、こういう映画を観ると精神疾患患者の主張が本当だったら?…って、やっぱり考えてしまいます。脳ミソの故障と決めつけずに、未来人がいるかもしれない、宇宙人がいるかもしれない、って視点で患者と向き合ってくれる研究者っていないのかしら?それでも結局、その研究者も患者の1人になってしまうのかしら?

 

12モンキーズ(字幕版)