読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「その男、凶暴につき」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20160526132353j:plain

その男、凶暴につき(1989)

犯人を前にするととんだ凶暴男になってしまう刑事(ビートたけし)が、麻薬売人の死体発見を発端に麻薬組織を捜査していくお話。

もともと深作欣二が監督でたけしが主演(これもおもしろそう)って企画だったそうですが、色々あった流れで北野武初監督作品となったらしい。後の北野映画は、この作品がベースになっているのでは?と思っています。暴力、漫才の掛け合いのようなシーン、祭りなどの伝統芸能、そしてヤクザ映画に見るような滅びの美学。滅びの美学に関しては、たけし本人が自滅や命を懸けた忠誠を美学と思っているかどうかはわからないけれど、たけしの撮るヤクザ映画ではそれらが印象的なシーンになっています。

それにしても、ひょんなことから初めて監督をした映画、とは思えない完成度の高いオリジナリティ。独特なカットや、本筋とは全然関係ないエピソードを盛り込んでいるところ、劇中曲にサティを使うところ!「アイディアは突然舞い降りてこない」という話を聞いた事がありますが、たけしの映画に対するアイディアは芸術における深い造詣によるものなのかもしれません。

好きなシーンはいくつかありますが、犯人を車で追跡するシーン(トップの画像)と、クライマックスの倉庫のシーン(歩きながら銃を撃ったり、最後にがらんどうの倉庫に電気をつけたり)が特にお気に入りです。

 



その男、凶暴につき [DVD]