ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「川の底からこんにちは」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20160408002755j:plain

 川の底からこんにちは(2009)

東京でしがないOLをしている主人公が、バツイチ子持ちの彼氏とともに5年ぶりに田舎の実家に戻り、入院している父親に代わって家業の「しじみ」パック詰め工場で働き始める、というお話です。
「しょうがない」と「あっすいません」が口癖の主人公・左和子を演じた満島ひかりの魅力が爆発している映画です。「大したことないそこそこの女」と自分を卑下しているのですが、その卑屈さはこれ以上でも以下でもいけないし、他人に流されているようで、でも実は芯があるようで…の感じもちょうどいい。極めて不幸でもないし、ひどく根暗でも、ひどくブスでもない。下の下じゃなくて「中の下」ってよくある状態だけれど、中の下だからこそがんばるしかないし「だりーしめんどくせー」という負のパワーをここまで最大限に発揮できるってすごい。後半の台詞に何度も出てくる「中の下だからがんばるしかない」というのが、この映画いちばんのテーマです。
ちょっとあざといギャグなど最後までついていけるかしら…と思いましたが、中盤で左和子が開き直るあたりから俄然面白くなっていきました。しじみパック詰め工場のステレオタイプなパートのオバサンたちを前に、左和子が開き直り演説をするシーンと、ラストの見応えと言ったら!BPM速めの軍歌のような左翼社歌にも、ニヤニヤしてしまいました。
左和子は毎朝、汲み取り式トイレの汚物を家の近くの河原に撒くのですが、まさかのそのシークエンスもまた、だいじなメッセージになっているのでした。

 

 

川の底からこんにちは [DVD]