読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「アジョシ」を観ました

★★★★☆

f:id:somewherearoundhere:20160322132040j:plain

アジョシ(2010)

ひっそりと暮らす質屋のアジョシ(韓国語で“おじさん”という意味のようです)が、隣の部屋から誘拐された孤独な少女を助けるべく、1人で地下組織と戦うお話です。そんな状況になったら「まず警察に!」となりますが、実はこの質屋のアジョシ、そこらへんの警察よりもよっぽど強いのです。

特殊な訓練を受けたクールで寡黙なアジョシが殺傷マシーンと化し、悪いヤツらを完膚なきまでにぶちのめす勧善懲悪ストーリーで、楽しく観ることができました。銃はもちろん、ナイフを使った特殊殺人武術で大人数相手に1人で立ち向かう無敵アジョシ、かっこいいです。

エンドロール手前でいきなり浜崎あゆみみたいな歌がバーンと流れて、ちょっと興ざめしちゃうのが残念でした。韓国若手人気歌手か何かの曲なのでしょうか?にしても涙を誘うラストでそのまま余韻に浸れるようなエンディング曲がよかったなーと思います。

96時間をオススメしてくれた女子にオススされるがまま「復讐者に憐れみを」を観て、立て続けに「アジョシ」を観たのですが、両方とも「臓器売買」が出てくるのは偶然なのかな?それとも実際に韓国の闇稼業は「クスリと臓器売買」が主流なのかな?

 

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]