読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「キャバレー」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20160315192501j:plain

キャバレー(1972)

「シカゴ」とか「バーレスク」の元祖、的な感じで楽しめるのかと思いましたが、なかなかのダークさで、セクシーというよりは奇奇怪怪なキャバレー「キットカットクラブ」のステージです。ナチスが台頭し始めたドイツのキャバレーで、女優になる夢を見ては夜な夜なステージに立つ主人公の、夢を追う日々と友情に似た恋愛の物語。

「小さなマイホームを持って、専業主婦になって、テーブルの上はオムツだらけで…あーそんなのムリ!」と言って、退廃色のマニキュアを塗り、酒とタバコと男に包まれてステージに立つ主人公を見て「昭和の芸人ってこういう感じだったのかも」なんて思ったりしました(浅草とか)。平凡な庶民の私は「人生なんてキャバレー!」なんて到底叫べません。

ミュージカル映画だけど台詞の途中で突然歌い出すようなことは無く、所々でキャバレーのステージを挟んでいる感じです。観客を笑わせる派手で馬鹿馬鹿しくてシニカルなステージも、物に溢れた古いアパートも、富豪男性を交えた豪遊三昧の三角関係も、じわじわ勢力を増すナチスも、すべてが現実なんだよなぁー。その後の第二次世界大戦という歴史を知っているからこそ、あれから彼らははどうなったんだろう、と思わずにはいられない含みを持たせたラストが印象的でした。

色んなヴォードヴィリアンが登場するけど、参加するなら女性楽団でバンジョーでも弾いてみたいな(弾けないけれど)。

 

 

キャバレー リバース・エディション [DVD]