読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「96時間」を観ました

★★★★☆

f:id:somewherearoundhere:20160311202644j:plain

96時間(2008)

「主人公が“元CIA”って設定の映画が好きなんです!」という女子がオススメしてくれたので観てみました。また、夫曰く「リュック・ベッソンが絡んでいる、もしくはブルース・ウィリスが主人公のアクション映画は間違いない(=頭使わずに楽しめる)」とのことなので、リュック・ベッソン脚本のこの映画は「間違いない」と確信して観たのですが、すっきりおもしろい映画でした。

とにかくシンプルで「誘拐された娘を助ける」「悪いヤツは殺す」これだけです。ストーリーも演出も無駄がなく終始いいテンポ、あっ危ない!ってところでも無駄のない動きで敵の息の根を止めます。あーもうダメ絶体絶命!と思っても、あれよという間にピンチを切り抜けます。娘が大好きすぎる武闘派元CIAは無敵なのです。

でも娘へのバースデープレゼントがセンス無かったり、デジカメ時代にコダックの使い捨てカメラで娘の写真を撮っては大切にアルバムに保管したり、主人公のそういう完全ハードボイルドでは無いキャラがまたいい感じ。

気持ちよくて爽快で、これぞ娯楽映画!と思いました。

 

96時間 [DVD]