読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20160226195558j:plain

 プリティ・イン・ピンク  恋人たちの街角(1986)

 裕福じゃないけどマジメで優秀で、でもガリ勉ってわけじゃなくオリジナリティ溢れるおしゃれがかわいい女子高生と、彼女に恋するバカでお調子者な幼なじみ、そしてお金持ちのおぼっちゃん。この手の3人が繰り広げる三角関係ってそこらじゅうにあるストーリーだけど、主人公アンディは「普通顔のヒロイン」で何だか親近感をもてるし、お金持ちで派手で美人のイヤな奴もしっかり登場するし、バイト先のレコードショップのオーナーは元不良で面倒見のいい女性だし、アンディとお父さんすごく仲良しだし、とにかくお決まりコースから一歩も外れていないので安心して観ることができます。貧乏だけど勝気な少女っていつの時代もどこの国でも愛されるのかも。

アンディや幼なじみのダッキーのファッションが、ここ最近と通じるものがあって観ていてたのしかったです。15年くらい前にも80sが流行ったような気がするのだけど、約15年周期でまわってくるものなのかな?という疑問。それから音楽も、New OrderとかThe SmithsとかThe Psychedelic Fursとかブリティッシュポストパンクが多様されてて耳が嬉しかったです。

 



プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角 [DVD]