読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「ディパーテッド」を観ました

★★★★★ 音楽

f:id:somewherearoundhere:20160210133753j:plain

ディパーテッド(2007)

マフィアの秘蔵っ子が警察学校を出てエリート警官になり、それと同時にしょうもない親族に囲まれて育った1人の警察官がマフィアの中に潜入捜査する。警察内部にいるマフィアとマフィア内部にいる警察官の、緊張が絶えないヒヤッヒヤのせめぎ合いです。

この映画は2回3回と観直すのがおもしろい!今回観たとき初見で気づかなかった伏線を発見したり、細かいところまでよく出来ているんだなぁとあらためて思いました。ああそういうことだったのね、と。

優秀な大学のボート部出身みたいなマット・デイモン(マフィアの息がかかった警察官)と、イケてる不良がオトナになったみたいなディカプリオ(マフィアに潜り込む警察官)の配役、私の中では完璧です。マフィアのボスに、愛してやまないジャック・ニコルソン!ていうのも完璧です。

ラスト10分くらいのあっさり感がけっこう好きです。えっ!あれっ!うそっ!って感じでたたみかけるように展開して、驚きのラストシーン。欄干のドブネズミはちょっとあからさま感否めないけど、そこに静かに甘く流れるロイ・ブキャナンの「Sweet Dreams」はとってもいい感じです。

 


 

ディパーテッド(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [DVD]