ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「阿修羅のごとく」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20160206012352j:plain

阿修羅のごとく(2003)

年老いた父親の浮気を疑った三女は興信所を雇い、その調査結果を知った四姉妹は「お母さんに知られるわけにはいかない!」とあれこれ相談します。でも実は四姉妹にもそれぞれ隠しごとや悩みごとがあって、未亡人の長女(大竹しのぶ)は妻帯者と愛人関係、平凡な主婦の次女(黒木瞳)は夫の浮気に悩み中、図書館司書をしているカタブツの三女(深津絵里)は男とは無縁、幼さが残る四女(深田恭子)は冴えないボクサーと同棲中。本妻愛人間は当然、たとえ姉妹でも、女同士。ねたみそねみに疑心暗鬼。常に好戦的で争いごとが絶えない。怒りの生命の象徴。そう、女はみな阿修羅なのだ…!

そこらへんがよくわかるのが、結婚式のシーンと、本妻と愛人が対峙するシーン。本妻・桃井かおりvs愛人・大竹しのぶは身震いするほどの凄み。尻もちついて素っ頓狂な声を出す大竹しのぶと、高笑いして去って行く桃井かおりは、ザ・女優です。大好き。

ところで、映画の原作はこれまた大好きな向田邦子さんですが、向田さんの描く「夫婦であり父であり母である男と女」は平成の28年にもなればもう絶滅してしまったのかしらん。四姉妹の父と母も、寺内貫太郎と里子も。

 

阿修羅のごとく

阿修羅のごとく (文春文庫)