ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「ゲットハード/Get Hard」を観ました

ゲットハード/Get Hard(2015) ヘッジファンドに勤める敏腕投資家のジェームズ(ウィル・フェレル)は、社長のセクシーな娘との結婚お披露目パーティー(ジョン・メイヤーがサプライズゲスト)でギターを披露している真っ最中に、身に覚えのない詐欺容疑で…

「ワッフル・ストリート」観ました

ワッフル・ストリート(2015) ウォール・ストリートで働いていたエリート主人公が失業して困難極めた転職活動の末再就職したのがファランチャイズのワッフル屋さん、お店のスタッフはみんないいキャラで悪い人はいないのだけれど、フランチャイズ店を持つた…

「火花」を読みました

火花/又吉直樹(2014) 去年の8月に図書館で予約をしたのですが、そんなこともうすっかり忘れた頃にようやく順番が回ってきました。「最も売れた本 2015」で検索したところ、「火花」が見事1位(ちなみに発行部数は240万部らしい)。以下2位に「フランス人…

「闇金ウシジマくん part3」を観ました

闇金ウシジマくん part3(2016) 「ビデオで観ればいいかな」と思っていたものの、映画公開前に放送されていたテレビドラマを観終わったところで「やっぱりすぐ観たい!」と盛り上がってしまい映画館へ行ってきました。まんまとしてやられた感が否めませんが…

「スーパーサイズ・ミー」を観ました

スーパーサイズ・ミー(2004) アメリカの肥満少女2人が「わたしたちがおデブになったのはマクドナルドのせい!」としてマクドナルドを相手に訴訟を起こしました。この一件を受けて、「マクドナルドの商品だけを30日間食べ続けたらどうなるのか?」という実…

「時をかける少女」を観ました

時をかける少女(1983) 筒井康隆による原作小説が発表されたのが60年代半ば…それからもう半世紀も経っているなんて。そしてこの映画の公開から30年経っているなんて。主演の原田知世さんが今でも可愛らしいというのがいちばんのおどろき。原作は未読だけど…

「L.A. コンフィデンシャル」を観ました

L.A. コンフィデンシャル(1997) アメリカでこの映画が公開された年のアカデミー賞は、ジェームズ・キャメロン監督でレオナルド・ディカプリオ主演の「タイタニック」が多数の賞をかっさらっていきました。ご多聞に洩れずレオ様ラヴだった中学生の私もタイ…

「子猫物語」を観ました

子猫物語(1986) 茶トラ猫のチャトランとパグのプー助の冒険物語…確か小学校に上がる前に観た記憶があるのですが、内容を全く覚えていなかったので、頭の疲れを癒すくらいの気持ちでほぼ半目で観てみました。が、これがあまりにも不快指数高すぎて癒しどこ…

「スモーク」を観ました

スモーク(1995) ニューヨークのブルックリンで小さなタバコ屋を営むオーギー(ハーヴェイ・カイテル)と、彼の店の常連である作家のポール(ウィリアム・ハート)を中心とした群像劇です。登場人物それぞれにエピソードがあり、映画の中にもいくつかのちょ…

「プレシャス」を観ました

プレシャス(2009) ざっくり言うと、ニューヨークのハーレムに暮らす虐待を受けて育った16歳の少女プレシャス(ガボリー・シディベ)が、フリースクールでレイン先生(ポーラ・パットン)という女性教師に出会い学ぶ喜びを知り、最悪な環境を抜け出そうとす…

「名もなき塀の中の王」を観ました

名もなき塀の中の王(2013) 刑務所映画、という情報だけで、監督も出演者も知らず、まったく期待しないで観たのですが、これがなかなかの掘り出し物でした。暴力シーンは多いけれど、犯罪映画というより人間の成長物語です。 映画は、1人の若い男が刑務所に…

「AMY」を観ました

AMY(2015) エイミー・ワインハウスの訃報を知ったときのことは、よく覚えています。私は誰にともなく声に出して「嘘でしょ」と言い、その場に突っ立ったまましばらく動けませんでした。「嘘でしょ」なんて言いながらも、こうなってしまうことが自然の流れ…

「ザ・トゥルー・コスト 〜ファストファッション 真の代償〜」を観ました

ザ・トゥルー・コスト 〜ファストファッション 真の代償〜(2015) 私たちが着ている衣服は、どこで、どのように作られているのか。00年代から世界的に大流行したファストファッションの裏側には、どのような真実があり、どのような仕組みをもって経済は動い…

「サンドラの週末」を観ました

サンドラの週末(2014) 病気のため休職していたサンドラ(マリオン・コティヤール)は職場復帰しようとした矢先、「あなたの復職かボーナスか選ばされ、ボーナス多数になりあなたの復職は無くなった」と同僚から知らされます。飲食店で働く夫の収入だけでは…

「ヒップホップ・ドリーム」を読みました

ヒップホップ・ドリーム/漢 a.k.a. GAMI(2015) 2016年も半分過ぎたところで、今年最初の読書です。びっくり。 ヒップホップ偏差値の低い私がどうしてこの本を読むに至ったかといえば、いま話題沸騰の番組「フリースタイル・ダンジョン」のエンディングで…

「ダーク・シティ」を観ました

ダーク・シティ(1998) ハッと目を覚ますと、見覚えのないバスルームでバスタブに浸かっていた。鏡をのぞいても、自分の顔にピンとこない。どうやらここは、どこかのホテルの一室らしい。部屋には自分が着ていたと思しき洋服、「シェル・ビーチ」と書かれた…

「リベンジ・トラップ 美しすぎる罠」を観ました

リベンジ・トラップ 美しすぎる罠(2015) 看護師のミランダ(ロザムンド・パイク)は、同僚にセッティングされたブラインド・デートの当日、デート相手を装った男を自宅に入れてしまいレイプ被害に遭ってしまいます。そのせいで売却しようと思っていた自宅…

「ダラス・バイヤーズクラブ」を観ました

ダラス・バイヤーズクラブ(2013) 電気技師をしつつ、ロデオや賭博、麻薬や複数の女性とのお遊びに興じていたロン(マシュー・マコノヒー)は、仕事上の事故で担ぎ込まれた病院で「エイズで余命30日」と言い渡されます。1985年当時、しかも保守的なテキサス…

「ペレ 伝説の誕生」を観ました

ペレ 伝説の誕生(2016) 「サッカーの王様」ペレの、スラムで育った貧しい幼少期から、史上最年少でブラジルをワールドカップ優勝へ導くまでの実話を基にしたお話。ペレの努力と成功の裏にある家族愛も描かれていて、予想以上の感動でした。スポーツのサク…

「フィッシャー・キング」を観ました

フィッシャー・キング(1991) ニューヨークでイケイケなラジオDJだったジャック(ジェフ・ブリッジス)は、かつてラジオでの軽はずみな発言が原因で悲惨な事件が起きて以来、アル中のヒモ暮らし。ある晩、精神的に追い詰められている中で暴漢に襲われたジャ…

「12モンキーズ」を観ました

12モンキーズ(1995) 蔓延したウィルスによって人類の99%が死滅した近未来、残った1%の人々はモグラのように地下に潜って暮らしていました。“ボランティア”として危険な地上調査を行った囚人のジェームズ(ブルース・ウィリス)は、その観察眼や記憶力を買…

「未来世紀ブラジル」を観ました

未来世紀ブラジル(1985) 世の中を牛耳る情報省は、横行するテロリズムの容疑者の名前を「タトル」から「バトル」に間違えたまま連行し、まったく無実の人間を死なせてしまいます。その下部組織で働く主人公サムはお上の尻拭いを引き受けることになりますが…

「スクール・オブ・ロック」を観ました

スクール・オブ・ロック(2003) アツすぎるパフォーマンスでバンドをクビになり、また同居友人のネッドとその彼女からは滞納している家賃を督促されている主人公デューイ(ジャック・ブラック)。そんな折、臨時教員として働くネッドに名門私立小学校から仕…

「バーニー みんなが愛した殺人者」を観ました

バーニー みんなが愛した殺人者(2011) 葬儀屋(…ではなく“葬祭ディレクター”)のバーニー(ジャック・ブラック)は、誰にでも優しく誠実で、歌や演劇を愛し、私利私欲よりも他者に施すことが大好きな男。そんな彼は、街中の嫌われ者で孫からも訴えられるほ…

「キングスマン」を観ました

キングスマン(2014) 亡き父はどこの国にも属さない最強のスパイ「キングスマン」の一員だったと知らされた青年・エグジーは、当時の父の先輩スパイ(コリン・ファース)に誘われキングスマンになるべくテストを受けます。それと同時に世間では、IT富豪の男…

「ムード・インディゴ うたかたの日々」を観ました

ムード・インディゴ うたかたの日々(2013)ファンタジーとSFがごちゃまぜになった悲しい恋愛映画…簡単に言えばそんなところかもしれないけれど、実際はSFファンタジーでありつつ至極リアリスティックであるし、恋愛映画でありつつ社会や人間をシニカルに描…

「KEN PARK」を観ました

KEN PARK(2002) カリフォルニアのごくありふれた街に暮らす若者の日常を描いた映画です。ラリー・クラーク&エドワード・ラックマン監督、ハーモニー・コリン脚本で「KIDS」コンビの映画ですが、「KIDS」がこどもたちの世界を描いたのに対し、「KEN PARK」…

「ダージリン急行」を観ました

ダージリン急行急行(2007) 父親の死をきっかけにバラバラになってしまったアメリカ人の3兄弟が、列車でのインド旅行を経て再び心を通わせつつ、離れて暮らす母親に再会するまでのロードムービーです。 ウェス・アンダーソン監督の映画は会話劇が面白く、こ…

「その男、凶暴につき」を観ました

その男、凶暴につき(1989) 犯人を前にするととんだ凶暴男になってしまう刑事(ビートたけし)が、麻薬売人の死体発見を発端に麻薬組織を捜査していくお話。 もともと深作欣二が監督でたけしが主演(これもおもしろそう)って企画だったそうですが、色々あ…

「裏切りのサーカス」を観ました

裏切りのサーカス(2011) 東西冷戦の時代、イギリスの秘密情報部「サーカス」内にソ連のスパイ=“もぐら”がいるのではないか?という疑惑が持ち上がり、元サーカスの一員スマイリー(ゲイリー・オールドマン)と、彼を慕う部下ピーター(ベネディクト・カン…

「アウトサイダー」を観ました

アウトサイーダー(1983) 貧困層の若者グループ「グリース」と、富裕層の若者グループ「ソッシュ」の対立を中心に、グリースの少年ポニーボーイとジョニーの友情を描いた青春物語です。「ウエストサイド・ストーリー」ぽくもあり「スタンド・バイ・ミー」ぽ…

「ブレックファスト・クラブ」を観ました

ブレックファスト・クラブ(1985) 様々な理由で土曜日の朝7時に補習にやってきたのは、全く個性の異なる5人の高校生。図書館で「自分とは何か」という作文を書くよう命じられますが、不良キャラの奔放な振る舞いに残り4人が巻き込まれ、補習どころではなく……

「ワサップ!」を観ました

ワサップ!(2005) サウス・ブロンクスのゲットーに住む、ラテンアメリカの少年たちのお話です。スキニーパンツに身を包み、スケボーとパンクと女の子に夢中な彼らは、いつもお決まりの7人でつるんでいます。「スケボーをするために」ビバリーヒルズに向か…

「エンパイア・レコード」を観ました

エンパイア・レコード(1995) 個人経営のレコードショップ「エンパイア・レコード」を舞台に、そこで働く若者や店に集う人々の、ある1日のお話です。 大手チェーン店とは違うから、スタッフは胸元やおヘソを露出していようが、スキンヘッドだろうがお構いな…

「いのちの食べ方」を観ました

いのちの食べ方(2005) 大量生産される野菜や食肉の現場を、解説も音楽も無しで淡々と映し出したドキュメンタリーです。 作物生産についても食肉生産についても言えるのは、どちらも自動化され機械化されているということ。機械的な作業といのちの生育は相…

「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」を観ました

アルゲリッチ 私こそ、音楽!(2012) 世界的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチのドキュメンタリー映画です。彼女の2度の結婚と2度の離婚、一緒に暮らしたことが無い長女を含めた3人の娘のこと、演奏会での舞台裏からベッドでの寝起き姿…限りなく素に近いア…

「ジュリー&ジュリア」を観ました

ジュリー&ジュリア(2009) 1960年代に王道フランス料理をアメリカ人に紹介したジュリア・チャイルドと、2000年代に彼女の524のレシピを1年間で制覇するプロジェクトを始めたブロガー、ジュリーのお話。50年の時を隔てた2人の女性の人生の転換を、時代を行…

「ムーンライズ・キングダム」を観ました

ムーンライズ・キングダム(2012) ボーイスカウトから脱走した孤児の少年と、両親から愛されていないと思っている問題児の少女の駆け落ち物語です。ウェス・アンダーソン版「小さな恋のメロディ」といったところ。ただ「小さな恋のメロディ」は駆け落ちがラ…

「Fresh Dressed」を観ました

Fresh Dressed(2015) ヒップホップファッションのルーツと、爆発的な流行を経て現在に至るまでのドキュメンタリーです。先日観た「ラブル・キングス」からファッションの部分を切り取って、現在までつなげた感じ。 奴隷時代のサンデーベストや、着こなしで…

「The Wolfpack」を観ました

The Wolfpack(2015)マンハッタンの低所得者用集合住宅で両親と共に暮らす6人兄弟のドキュメンタリーです。この兄弟は学校に通うどころか、家族以外の人間や社会と断絶させられて成長しました。というのも、ペルー出身の彼らの父親が「外の世界は麻薬や殺人…

「海街diary」を観ました

海街diary(2015) 父親に捨てられた三姉妹が父親の葬儀で異母妹と会い、母親も失ってしまった幼い妹に三姉妹は「一緒に暮らさない?」と提案します。こうして、鎌倉の古びた一軒家での新たな四姉妹の暮らしが始まります。とてもいい映画ですが、私の文章力…

「日々ロック」を観ました

日々ロック(2014) パンクロックバンドをやっている男の子と、人気テクノポップアイドルだけど実はロック好きな女の子が出会って…ていうお話です。 人気コミック?が原作らしいのですが、バカバカしく大胆な演出は原作に忠実ってことなのでしょうか。私には…

「川の底からこんにちは」を観ました

川の底からこんにちは(2009) 東京でしがないOLをしている主人公が、バツイチ子持ちの彼氏とともに5年ぶりに田舎の実家に戻り、入院している父親に代わって家業の「しじみ」パック詰め工場で働き始める、というお話です。「しょうがない」と「あっすいませ…

「ビッグ・アイズ」を観ました

ビッグ・アイズ(2014) DV夫から幼い娘とともに逃げてきた女性が画家と名乗る男と出会い、あっという間にプロポーズを受けて結婚したものの、その男は彼女の描いた絵を「自分が描いた」と偽って売り始める…というお話。 「目は心の窓、目は全てを語る」とい…

「わらの犬」を観ました

わらの犬(1971) アメリカからイギリスの片田舎に引っ越してきた数学者の夫と美人妻の若夫婦ですが、小柄で気弱な夫が地元の若者たちにからかわれ、それがどんどんエスカレートしていき、ある事件をきっかけに大惨事になってしまうお話です。 非暴力主義者…

「レッド・ファミリー」を観ました

レッド・ファミリー(2013) ここ最近、友人にオススメしてもらった韓国映画を何本か観ましたが、この映画は個人的に気になったので観てみました。「擬似家族」として集団生活をし、韓国内で盗撮から暗殺まで様々な任務を遂行する北朝鮮工作員のお話です。 …

「サニー 永遠の仲間たち」を観ました

サニー 永遠の仲間たち(2011) 先日の「復讐者に憐れみを」「アジョシ」に続き、「元CIA設定好きの女子Aちゃん」がオススメしてくれた韓国映画を観ました。韓国映画は数えるほどしか観たことが無かったし、この映画もジャケからして絶対自分じゃ選ばない感…

「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」を観ました

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014) やっと観ました。確か日本公開前?友人が教えてくれたものの、字幕なしでは観られない私は劇場公開を待とう…と思っていたらいつの間にか公開してて、行かなくちゃ!と思っていたら終了していたのでした…。(公式サイトを…

「アジョシ」を観ました

アジョシ(2010) ひっそりと暮らす質屋のアジョシ(韓国語で“おじさん”という意味のようです)が、隣の部屋から誘拐された孤独な少女を助けるべく、1人で地下組織と戦うお話です。そんな状況になったら「まず警察に!」となりますが、実はこの質屋のアジョ…

「復讐者に憐れみを」を観ました

復讐者に憐れみを(2002) 1人は姉を想って復讐する聾唖の男、もう1人はその男に対して復讐する男、2人の男の復讐劇です。前者は不運の連続が招いた結果のために復讐者になってしまうのですが、やることなすこと裏目に出てしまうので、観ているこちらはちょ…