ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「ダラス・バイヤーズクラブ」を観ました

ダラス・バイヤーズクラブ(2013) 電気技師をしつつ、ロデオや賭博、麻薬や複数の女性とのお遊びに興じていたロン(マシュー・マコノヒー)は、仕事上の事故で担ぎ込まれた病院で「エイズで余命30日」と言い渡されます。1985年当時、しかも保守的なテキサス…

「ペレ 伝説の誕生」を観ました

ペレ 伝説の誕生(2016) 「サッカーの王様」ペレの、スラムで育った貧しい幼少期から、史上最年少でブラジルをワールドカップ優勝へ導くまでの実話を基にしたお話。ペレの努力と成功の裏にある家族愛も描かれていて、予想以上の感動でした。スポーツのサク…

「フィッシャー・キング」を観ました

フィッシャー・キング(1991) ニューヨークでイケイケなラジオDJだったジャック(ジェフ・ブリッジス)は、かつてラジオでの軽はずみな発言が原因で悲惨な事件が起きて以来、アル中のヒモ暮らし。ある晩、精神的に追い詰められている中で暴漢に襲われたジャ…

「12モンキーズ」を観ました

12モンキーズ(1995) 蔓延したウィルスによって人類の99%が死滅した近未来、残った1%の人々はモグラのように地下に潜って暮らしていました。“ボランティア”として危険な地上調査を行った囚人のジェームズ(ブルース・ウィリス)は、その観察眼や記憶力を買…

「未来世紀ブラジル」を観ました

未来世紀ブラジル(1985) 世の中を牛耳る情報省は、横行するテロリズムの容疑者の名前を「タトル」から「バトル」に間違えたまま連行し、まったく無実の人間を死なせてしまいます。その下部組織で働く主人公サムはお上の尻拭いを引き受けることになりますが…

「スクール・オブ・ロック」を観ました

スクール・オブ・ロック(2003) アツすぎるパフォーマンスでバンドをクビになり、また同居友人のネッドとその彼女からは滞納している家賃を督促されている主人公デューイ(ジャック・ブラック)。そんな折、臨時教員として働くネッドに名門私立小学校から仕…

「バーニー みんなが愛した殺人者」を観ました

バーニー みんなが愛した殺人者(2011) 葬儀屋(…ではなく“葬祭ディレクター”)のバーニー(ジャック・ブラック)は、誰にでも優しく誠実で、歌や演劇を愛し、私利私欲よりも他者に施すことが大好きな男。そんな彼は、街中の嫌われ者で孫からも訴えられるほ…

「キングスマン」を観ました

キングスマン(2014) 亡き父はどこの国にも属さない最強のスパイ「キングスマン」の一員だったと知らされた青年・エグジーは、当時の父の先輩スパイ(コリン・ファース)に誘われキングスマンになるべくテストを受けます。それと同時に世間では、IT富豪の男…

「ムード・インディゴ うたかたの日々」を観ました

ムード・インディゴ うたかたの日々(2013)ファンタジーとSFがごちゃまぜになった悲しい恋愛映画…簡単に言えばそんなところかもしれないけれど、実際はSFファンタジーでありつつ至極リアリスティックであるし、恋愛映画でありつつ社会や人間をシニカルに描…

「KEN PARK」を観ました

KEN PARK(2002) カリフォルニアのごくありふれた街に暮らす若者の日常を描いた映画です。ラリー・クラーク&エドワード・ラックマン監督、ハーモニー・コリン脚本で「KIDS」コンビの映画ですが、「KIDS」がこどもたちの世界を描いたのに対し、「KEN PARK」…

「ダージリン急行」を観ました

ダージリン急行急行(2007) 父親の死をきっかけにバラバラになってしまったアメリカ人の3兄弟が、列車でのインド旅行を経て再び心を通わせつつ、離れて暮らす母親に再会するまでのロードムービーです。 ウェス・アンダーソン監督の映画は会話劇が面白く、こ…

「その男、凶暴につき」を観ました

その男、凶暴につき(1989) 犯人を前にするととんだ凶暴男になってしまう刑事(ビートたけし)が、麻薬売人の死体発見を発端に麻薬組織を捜査していくお話。 もともと深作欣二が監督でたけしが主演(これもおもしろそう)って企画だったそうですが、色々あ…

「裏切りのサーカス」を観ました

裏切りのサーカス(2011) 東西冷戦の時代、イギリスの秘密情報部「サーカス」内にソ連のスパイ=“もぐら”がいるのではないか?という疑惑が持ち上がり、元サーカスの一員スマイリー(ゲイリー・オールドマン)と、彼を慕う部下ピーター(ベネディクト・カン…

「アウトサイダー」を観ました

アウトサイーダー(1983) 貧困層の若者グループ「グリース」と、富裕層の若者グループ「ソッシュ」の対立を中心に、グリースの少年ポニーボーイとジョニーの友情を描いた青春物語です。「ウエストサイド・ストーリー」ぽくもあり「スタンド・バイ・ミー」ぽ…

「ブレックファスト・クラブ」を観ました

ブレックファスト・クラブ(1985) 様々な理由で土曜日の朝7時に補習にやってきたのは、全く個性の異なる5人の高校生。図書館で「自分とは何か」という作文を書くよう命じられますが、不良キャラの奔放な振る舞いに残り4人が巻き込まれ、補習どころではなく……

「ワサップ!」を観ました

ワサップ!(2005) サウス・ブロンクスのゲットーに住む、ラテンアメリカの少年たちのお話です。スキニーパンツに身を包み、スケボーとパンクと女の子に夢中な彼らは、いつもお決まりの7人でつるんでいます。「スケボーをするために」ビバリーヒルズに向か…

「エンパイア・レコード」を観ました

エンパイア・レコード(1995) 個人経営のレコードショップ「エンパイア・レコード」を舞台に、そこで働く若者や店に集う人々の、ある1日のお話です。 大手チェーン店とは違うから、スタッフは胸元やおヘソを露出していようが、スキンヘッドだろうがお構いな…

「いのちの食べ方」を観ました

いのちの食べ方(2005) 大量生産される野菜や食肉の現場を、解説も音楽も無しで淡々と映し出したドキュメンタリーです。 作物生産についても食肉生産についても言えるのは、どちらも自動化され機械化されているということ。機械的な作業といのちの生育は相…

「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」を観ました

アルゲリッチ 私こそ、音楽!(2012) 世界的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチのドキュメンタリー映画です。彼女の2度の結婚と2度の離婚、一緒に暮らしたことが無い長女を含めた3人の娘のこと、演奏会での舞台裏からベッドでの寝起き姿…限りなく素に近いア…

「ジュリー&ジュリア」を観ました

ジュリー&ジュリア(2009) 1960年代に王道フランス料理をアメリカ人に紹介したジュリア・チャイルドと、2000年代に彼女の524のレシピを1年間で制覇するプロジェクトを始めたブロガー、ジュリーのお話。50年の時を隔てた2人の女性の人生の転換を、時代を行…

「ムーンライズ・キングダム」を観ました

ムーンライズ・キングダム(2012) ボーイスカウトから脱走した孤児の少年と、両親から愛されていないと思っている問題児の少女の駆け落ち物語です。ウェス・アンダーソン版「小さな恋のメロディ」といったところ。ただ「小さな恋のメロディ」は駆け落ちがラ…

「Fresh Dressed」を観ました

Fresh Dressed(2015) ヒップホップファッションのルーツと、爆発的な流行を経て現在に至るまでのドキュメンタリーです。先日観た「ラブル・キングス」からファッションの部分を切り取って、現在までつなげた感じ。 奴隷時代のサンデーベストや、着こなしで…

「The Wolfpack」を観ました

The Wolfpack(2015)マンハッタンの低所得者用集合住宅で両親と共に暮らす6人兄弟のドキュメンタリーです。この兄弟は学校に通うどころか、家族以外の人間や社会と断絶させられて成長しました。というのも、ペルー出身の彼らの父親が「外の世界は麻薬や殺人…

「海街diary」を観ました

海街diary(2015) 父親に捨てられた三姉妹が父親の葬儀で異母妹と会い、母親も失ってしまった幼い妹に三姉妹は「一緒に暮らさない?」と提案します。こうして、鎌倉の古びた一軒家での新たな四姉妹の暮らしが始まります。とてもいい映画ですが、私の文章力…

「日々ロック」を観ました

日々ロック(2014) パンクロックバンドをやっている男の子と、人気テクノポップアイドルだけど実はロック好きな女の子が出会って…ていうお話です。 人気コミック?が原作らしいのですが、バカバカしく大胆な演出は原作に忠実ってことなのでしょうか。私には…

「川の底からこんにちは」を観ました

川の底からこんにちは(2009) 東京でしがないOLをしている主人公が、バツイチ子持ちの彼氏とともに5年ぶりに田舎の実家に戻り、入院している父親に代わって家業の「しじみ」パック詰め工場で働き始める、というお話です。「しょうがない」と「あっすいませ…

「ビッグ・アイズ」を観ました

ビッグ・アイズ(2014) DV夫から幼い娘とともに逃げてきた女性が画家と名乗る男と出会い、あっという間にプロポーズを受けて結婚したものの、その男は彼女の描いた絵を「自分が描いた」と偽って売り始める…というお話。 「目は心の窓、目は全てを語る」とい…

「わらの犬」を観ました

わらの犬(1971) アメリカからイギリスの片田舎に引っ越してきた数学者の夫と美人妻の若夫婦ですが、小柄で気弱な夫が地元の若者たちにからかわれ、それがどんどんエスカレートしていき、ある事件をきっかけに大惨事になってしまうお話です。 非暴力主義者…

「レッド・ファミリー」を観ました

レッド・ファミリー(2013) ここ最近、友人にオススメしてもらった韓国映画を何本か観ましたが、この映画は個人的に気になったので観てみました。「擬似家族」として集団生活をし、韓国内で盗撮から暗殺まで様々な任務を遂行する北朝鮮工作員のお話です。 …

「サニー 永遠の仲間たち」を観ました

サニー 永遠の仲間たち(2011) 先日の「復讐者に憐れみを」「アジョシ」に続き、「元CIA設定好きの女子Aちゃん」がオススメしてくれた韓国映画を観ました。韓国映画は数えるほどしか観たことが無かったし、この映画もジャケからして絶対自分じゃ選ばない感…

「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」を観ました

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014) やっと観ました。確か日本公開前?友人が教えてくれたものの、字幕なしでは観られない私は劇場公開を待とう…と思っていたらいつの間にか公開してて、行かなくちゃ!と思っていたら終了していたのでした…。(公式サイトを…

「アジョシ」を観ました

アジョシ(2010) ひっそりと暮らす質屋のアジョシ(韓国語で“おじさん”という意味のようです)が、隣の部屋から誘拐された孤独な少女を助けるべく、1人で地下組織と戦うお話です。そんな状況になったら「まず警察に!」となりますが、実はこの質屋のアジョ…

「復讐者に憐れみを」を観ました

復讐者に憐れみを(2002) 1人は姉を想って復讐する聾唖の男、もう1人はその男に対して復讐する男、2人の男の復讐劇です。前者は不運の連続が招いた結果のために復讐者になってしまうのですが、やることなすこと裏目に出てしまうので、観ているこちらはちょ…

「60セカンズ」を観ました

60セカンズ(2000) 元高級車泥棒の主人公メンフィスは、昔の自分と同じ道を歩んだ上に仕事で失敗した弟の命と引き換えに「3日間で高級車を50台盗む」という大仕事をすることになります。かつての仲間たちに声をかけて作戦を練りますが、「元高級車窃盗団が…

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観ました

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014) かつて「バードマン」というヒーロー映画で一世を風靡した男が起死回生を賭けて、自ら演出・脚本・主演の芝居をブロードウェイで公演する、というストーリー。ハリウッドに対する皮肉たっぷりの…

「フランシス・ハ」を観ました

フランシス・ハ(2012) 主人公のフランシスは、彼氏なし、住む部屋もなし、ダンサーとしてもダメ。親友はいるけれど彼女は堅実な人生を歩んでいるし、ちょっと周りを見渡すとみんなちゃんとしたオトナをしている。え?27歳ってまだ若いとおもってたけど?て…

「キャバレー」を観ました

キャバレー(1972) 「シカゴ」とか「バーレスク」の元祖、的な感じで楽しめるのかと思いましたが、なかなかのダークさで、セクシーというよりは奇奇怪怪なキャバレー「キットカットクラブ」のステージです。ナチスが台頭し始めたドイツのキャバレーで、女優…

「96時間」を観ました

96時間(2008) 「主人公が“元CIA”って設定の映画が好きなんです!」という女子がオススメしてくれたので観てみました。また、夫曰く「リュック・ベッソンが絡んでいる、もしくはブルース・ウィリスが主人公のアクション映画は間違いない(=頭使わずに楽し…

「アックス・ジャイアント」を観ました

アックス・ジャイアント(2013) 以前、しょうもない映画(主にアルバトロス)ばかり観ていた時期があって、ソフト販売のみでジャケも邦題もしょうもない映画の中から、愛おしくなるようなバカ映画を探すのが好きでした。そして久しぶりに観たのがコレです。…

「ノーカントリー」を観ました

ノーカントリー(2007) メキシコ国境近くのテキサス州を舞台に、麻薬がらみの大金を偶然見つけて持ち逃げした男、彼を追う殺人鬼、この事件の捜査をする老保安官、この3人を中心としたお話です。 狙撃されようが脅されようが大金を持ってどこまでも逃げる覚…

「シャッター アイランド」を観ました

シャッター アイランド(2010) 「17歳のカルテ」からの精神病院が舞台の映画。「カッコーの巣の上で」(名作!)の方が雰囲気近いけれど、レオ様 祝アカデミー賞!ということで「シャッター アイランド」を観ました。 犯罪者を収容している精神病院で女性患…

「17歳のカルテ」を観ました

17歳のカルテ(1999) 思春期って自分自身や世の中に対して悩みや葛藤や怒りがあって健全だと思うし、実際私も思春期の頃にはいつも「なぜ?なぜ?」言って静かに怒っていました。同級生にはリストカッターの子もいたし、当時自死したギタリストに陶酔してい…

「リトル・ミス・サンシャイン」を観ました

リトル・ミス・サンシャイン(2006) 壊れかけた家族が壊れかけた黄色いワーゲンバスに乗って、カリフォルニアの美少女コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」に向かうロードムービー。 父親は自己啓発プログラムの売り出しに失敗して破産し、ポルノ好き…

「黒い十人の女」を観ました

黒い十人の女(1961) 半世紀以上前の映画がこんなにスタイリッシュでおもしろいなんて。カメラの構図、物語の構成、役者の艶っぽさ、すべてが素晴らしくかっこいい! 本妻と浮気相手合わせて10人の女性が不埒なヤサ男を懲らしめようと計画するお話なのです…

「マグノリアの花たち」を観ました

マグノリアの花たち(1989) 10代から20代にかけて男友達ばかりだったけど、彼らが結婚したり私も結婚したりしていつの間にか疎遠になってしまいました。女友達グループってのがすごく苦手でずっと避けてきたのに、30代になって、こういうさっぱりした女同士…

「渇き。」を観ました

渇き。(2014) 気分悪くなるとか、グロいとか、キツイとか、同じような感想を聞いていましたが、確かにすごい。それ全部正解でした。劇場公開時、よくこんなものを「高校生は1,000円で観られるキャンペーン」にしたな、と思います。いじめ薬物売春ダメゼッ…

「キリング・ゾーイ」を観ました

キリング・ゾーイ(1993) ヤク中の男たちが大して計画も練らずに銀行強盗して、どんどん事態が悪化していくってお話です。プロット的には好物だし強盗団のキラキラマスクとかちょっとわくわくしながら観たのですが、けっこうなお手上げ映画でした。 リーダ…

「プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角」を観ました

プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角(1986) 裕福じゃないけどマジメで優秀で、でもガリ勉ってわけじゃなくオリジナリティ溢れるおしゃれがかわいい女子高生と、彼女に恋するバカでお調子者な幼なじみ、そしてお金持ちのおぼっちゃん。この手の3人が繰り…

「プールサイド・デイズ」を観ました

プールサイド・デイズ(2013) 母親の恋人が所有するリゾート地の別荘で夏休みを過ごすことになったダンカン少年、14歳。しかし母親の彼氏はダンカンに対して「お前は10点中3点の男だ」とか言ってくるイヤな奴だし、そいつの連れ子(年上女子)は「キモいか…

「ファーゴ」を観ました

ファーゴ(1996) 「トレジャーハンター・クミコ」を観たら懐かしくなって、古いDVDを引っ張り出して久しぶりに観てみました。何度観たかわからないけれど、やっぱり私はコーエン兄弟の映画が好きなんだなぁ。 自分の奥さんを誘拐して身代金として義父から大…