ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

音楽

「DOPE / ドープ!!」を観ました

DOPE / ドープ!!(2015) 90年代ヒップホップおたくでオルタナパンクバンドを組んでいる高校3年生3人組。BMXやスケボーが移動手段で「ギャングを避けるアプリってないのかな」なんて言いながらL.A.のゲトーで暮らし、この生活を脱出するために主人公のマル…

「Fake」を観ました

Fake(2016) ゴーストライター問題で世間を騒がせた佐村河内守に密着した森達也監督作品。撮影開始はあの謝罪会見から数ヶ月後。以来どんな風に暮らしているのだろう?と興味津々に観てみました。 オウム真理教に潜入した「A」もそうだけれど、この監督の作…

「リンダ リンダ リンダ」を観ました

リンダ リンダ リンダ(2005) 学園祭でバンド演奏する女子高生のお話。ボーカルがいなくてどうしよ、ってところにたまたま通りかかって訳も分からず「うん、やる」と言ってしまったのが、韓国人留学生のソンちゃん(ペ・ドゥナ)。日本語もままならないソン…

「T2 トレインスポッティング」を観ました

T2 トレインスポッティング(2017) 前回のポストで書きましたが、96年の「トレインスポッティング」という映画はわたしにとってとりわけノスタルジーを呼び起こす映画で、何度も観て、何度も原作小説を読んで、何度もサントラを聴いて……という映画のひとつ…

「トレインスポッティング」を観ました

トレインスポティング(1996) 中学2年生の時、ミニシアター系をたくさん上映していた今は無き地元の映画館で観て、ショックを受けたのを覚えています。ポスターも映像も音楽も全てが初めて知るかっこよさで、急いでいちばん大きな書店に行って原作小説を買…

「ムーンライト」を観ました

ムーンライト(2016) アカデミー賞で話題になったからか、日本公開が1ヶ月くらい前倒しになったと知って、あわてて観に行きました。 周りには「ラ・ラ・ランド」素晴らしかった!という声があるし、わたし自身ミュージカル映画が好きだから「ラ・ラ・ランド…

「デス・プルーフ in グラインドハウス」を観ました

デス・プルーフ in グラインドハウス(2007) イケてる女の子たちが「デス・プルーフ」仕様の車に乗ったサディストおじさんに凄まじい殺され方をする前半と、また別のイケてる女の子たちが前半で登場したサディストおじさんのデス・プルーフとカーチェイスで…

「海よりもまだ深く」を観ました

海よりもまだ深く(2016) かつて作家として受賞したこともある良多(阿部寛)ですが、現在は興信所で働きながらギャンブルに精を出すダメな中年男。良多に愛想を尽かした妻の響子(真木よう子)は息子の真悟を連れて出て行ってしまいましたが、良多は興信所…

「シング・ストリート 未来へのうた」を観ました

シング・ストリート 未来へのうた(2016) 音楽ネタの青春映画って大好きです。ストーリーがイマイチでも音楽が好みだったらそれだけで加点ポイント高いのですが、この映画はストーリーも音楽も最高でした。 もちろんストーリーも音楽もキャラクター設定も、…

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を観ました

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999年) ひとりのアメリカ人ギタリストとキューバの老ミュージシャンたちによって、世界中の人たちがキューバ音楽の素晴らしさを知ることになります。彼らのバンドが“Buena Vista Social Club”であり、この映画はバンド…

「ぼくとアールと彼女のさよなら」を観ました

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015) 誰でも大なり小なりの後悔をしながら生きていると思います。「あーもっと早く寝ればよかった」とか「夜中にカップラーメン食べなきゃよかった」など些細なことから、「もっと勉強しておけばよかった」「優しくしてあげ…

「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」を観ました

バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち(2013) もともと白人のお嬢さんたちがおんなじ動きをしながら楽譜通りお上品に歌っていたバックコーラス。しかし1960年代になって登場した黒人のガールズグループThe Blossomsは弾けるようなグルーヴ感で、その後の19…

「ベター・リヴィング・スルー・ケミストリー」を観ました

ベター・リヴィング・スルー・ケミストリー(2014) 田舎の小さな街で、義父の経営する薬局に勤めている薬剤師のダグ(サム・ロックウェル)。いずれ店を譲るという義父との約束は無視され、産後太り解消でサイクリングを始めた妻は才能を開花しダグそっちの…

「ナポレオン・ダイナマイト」を観ました

ナポレオン・ダイナマイト(2004) 2017年1本目は、懐かしの「ナポレオン・ダイナマイト」です。 バスに乗っている時におせんべいを食べていたおばさんがいて、お腹が空いていた私は「もし“1枚ください”と言ったらくれるのかな。もしくれたとして、そのおせ…

「時をかける少女」を観ました

時をかける少女(1983) 筒井康隆による原作小説が発表されたのが60年代半ば…それからもう半世紀も経っているなんて。そしてこの映画の公開から30年経っているなんて。主演の原田知世さんが今でも可愛らしいというのがいちばんのおどろき。原作は未読だけど…

「スモーク」を観ました

スモーク(1995) ニューヨークのブルックリンで小さなタバコ屋を営むオーギー(ハーヴェイ・カイテル)と、彼の店の常連である作家のポール(ウィリアム・ハート)を中心とした群像劇です。登場人物それぞれにエピソードがあり、映画の中にもいくつかのちょ…

「AMY」を観ました

AMY(2015) エイミー・ワインハウスの訃報を知ったときのことは、よく覚えています。私は誰にともなく声に出して「嘘でしょ」と言い、その場に突っ立ったまましばらく動けませんでした。「嘘でしょ」なんて言いながらも、こうなってしまうことが自然の流れ…

「ヒップホップ・ドリーム」を読みました

ヒップホップ・ドリーム/漢 a.k.a. GAMI(2015) 2016年も半分過ぎたところで、今年最初の読書です。びっくり。 ヒップホップ偏差値の低い私がどうしてこの本を読むに至ったかといえば、いま話題沸騰の番組「フリースタイル・ダンジョン」のエンディングで…

「スクール・オブ・ロック」を観ました

スクール・オブ・ロック(2003) アツすぎるパフォーマンスでバンドをクビになり、また同居友人のネッドとその彼女からは滞納している家賃を督促されている主人公デューイ(ジャック・ブラック)。そんな折、臨時教員として働くネッドに名門私立小学校から仕…

「その男、凶暴につき」を観ました

その男、凶暴につき(1989) 犯人を前にするととんだ凶暴男になってしまう刑事(ビートたけし)が、麻薬売人の死体発見を発端に麻薬組織を捜査していくお話。 もともと深作欣二が監督でたけしが主演(これもおもしろそう)って企画だったそうですが、色々あ…

「裏切りのサーカス」を観ました

裏切りのサーカス(2011) 東西冷戦の時代、イギリスの秘密情報部「サーカス」内にソ連のスパイ=“もぐら”がいるのではないか?という疑惑が持ち上がり、元サーカスの一員スマイリー(ゲイリー・オールドマン)と、彼を慕う部下ピーター(ベネディクト・カン…

「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」を観ました

アルゲリッチ 私こそ、音楽!(2012) 世界的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチのドキュメンタリー映画です。彼女の2度の結婚と2度の離婚、一緒に暮らしたことが無い長女を含めた3人の娘のこと、演奏会での舞台裏からベッドでの寝起き姿…限りなく素に近いア…

「Fresh Dressed」を観ました

Fresh Dressed(2015) ヒップホップファッションのルーツと、爆発的な流行を経て現在に至るまでのドキュメンタリーです。先日観た「ラブル・キングス」からファッションの部分を切り取って、現在までつなげた感じ。 奴隷時代のサンデーベストや、着こなしで…

「日々ロック」を観ました

日々ロック(2014) パンクロックバンドをやっている男の子と、人気テクノポップアイドルだけど実はロック好きな女の子が出会って…ていうお話です。 人気コミック?が原作らしいのですが、バカバカしく大胆な演出は原作に忠実ってことなのでしょうか。私には…

「川の底からこんにちは」を観ました

川の底からこんにちは(2009) 東京でしがないOLをしている主人公が、バツイチ子持ちの彼氏とともに5年ぶりに田舎の実家に戻り、入院している父親に代わって家業の「しじみ」パック詰め工場で働き始める、というお話です。「しょうがない」と「あっすいませ…

「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」を観ました

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014) やっと観ました。確か日本公開前?友人が教えてくれたものの、字幕なしでは観られない私は劇場公開を待とう…と思っていたらいつの間にか公開してて、行かなくちゃ!と思っていたら終了していたのでした…。(公式サイトを…

「フランシス・ハ」を観ました

フランシス・ハ(2012) 主人公のフランシスは、彼氏なし、住む部屋もなし、ダンサーとしてもダメ。親友はいるけれど彼女は堅実な人生を歩んでいるし、ちょっと周りを見渡すとみんなちゃんとしたオトナをしている。え?27歳ってまだ若いとおもってたけど?て…

「渇き。」を観ました

渇き。(2014) 気分悪くなるとか、グロいとか、キツイとか、同じような感想を聞いていましたが、確かにすごい。それ全部正解でした。劇場公開時、よくこんなものを「高校生は1,000円で観られるキャンペーン」にしたな、と思います。いじめ薬物売春ダメゼッ…

「プールサイド・デイズ」を観ました

プールサイド・デイズ(2013) 母親の恋人が所有するリゾート地の別荘で夏休みを過ごすことになったダンカン少年、14歳。しかし母親の彼氏はダンカンに対して「お前は10点中3点の男だ」とか言ってくるイヤな奴だし、そいつの連れ子(年上女子)は「キモいか…

「ディパーテッド」を観ました

ディパーテッド(2007) マフィアの秘蔵っ子が警察学校を出てエリート警官になり、それと同時にしょうもない親族に囲まれて育った1人の警察官がマフィアの中に潜入捜査する。警察内部にいるマフィアとマフィア内部にいる警察官の、緊張が絶えないヒヤッヒヤ…

「ラブル・キングス」を観ました

ラブル・キングス(2015) 1970年代のニューヨークでどんな風にギャングが生まれたのか、そしてそこからどんな風にヒップホップ文化が生まれたのか。当時渦中にいた人たちのインタビューをもとに作られたドキュメンタリーです。 今となってはすっかり市民権…

「リリィ・シュシュのすべて」を観ました

リリィ・シュシュのすべて(2001) 先日観た「スワロウテイル」で懐かしさに浸ったので別の岩井俊二映画も久しぶりに観てみたものの、やっぱり暗いなぁこの映画…暇つぶし程度に観ちゃいけないやつです、とても鬱な気持ちになってしまいます。いじめ、万引き…

「スワロウテイル」を観ました

スワロウテイル(1996) お正月で昼夜逆転しているなか、深夜に放送しているのをたまたま見つけてそのまま観ました。私の好きな岩井俊二映画のツートップのうちのひとつがこの映画です。 円が強かった時代、円を稼ぎに来た人々が暮らした街は「円都(イェン…