ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「ムーンライト」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20170407204701j:plain

ムーンライト(2016)

アカデミー賞で話題になったからか、日本公開が1ヶ月くらい前倒しになったと知って、あわてて観に行きました。

周りには「ラ・ラ・ランド」素晴らしかった!という声があるし、わたし自身ミュージカル映画が好きだから「ラ・ラ・ランド」はたぶんすごくいいのだろうけれど、結局あわてて観たのは「ムーンライト」だったわけで。作品賞受賞に日和ったような気もするけれど……でも、すぐにでも観たかったのです。

 

物語は、シャロンという少年の少年期、青年期、成人期の3章から成っています。

シャロンはマイアミのほぼ黒人しか住んでいないエリアに住んでいて、学校ではいじめられているし、家ではお母さん(ナオミ・ハリス)から育児放棄を受けています。ある日、いじめから逃げて隠れていたところを、フアンというキューバ人のおじさん(マハーシャラ・アリ)に助けられます。おじさんはシャロンを家に連れ帰り、恋人のテレサ(ジャネール・ネモイ)に食事を作らせ、一晩泊めてあげます。これをきっかけに、シャロンはフアンのことを慕うようになります。シャロンには、同じ学校のケヴィンしか、友だちはいませんでした。

 

 

全体を通してとても静かな映画で、説明的なものは一切排除されていました。なので頭で(理屈的に)理解するというよりも、ただ感じればいい、という映画だなとおもいました。マハーシャラ・アリナオミ・ハリスの演技はもう、素晴らしく良くて、あとシャロンを演じた3人に共通するじっとこちらを見つめる演技がとても心に刺さりました。孤独や悲しみ、疑い、絶望と希望を含んだ力強い視線、堪らなかったです。

シャロンは少年期から成人期にかけてとにかくずっと孤独です。心の拠りどころもあるのだけれど、裏切りもあって、とにかくずっと孤独なのです。ジャンキーのお母さんのこと、初恋相手は幼馴染の男の子であること、そういうことをすべて抱え込んで心にしまいこんで生きている。

“ブラック”という通称で暮らしている成人期のシャロンは、心にしまいこんだものを隠すように、身体を鍛え上げてグリルズをつけて、完全防御スタイルです。華奢で細いデニムを履いていじめられていた青年期のシャロンとはまるで別人。

そういうとてつもない孤独とともに生きてきたシャロンですが、ラストはとてもロマンチックで救われました。映像もとてつもなく美しくて、映画史に残るラストだとおもいます。

 

この映画、映像の光と色がびっくりするほど美しくて、ポスターにもあるようにブルーとバイオレットがとても効果的に使われています。「月あかりの浜辺で黒人の少年の肌はブルーに輝いていた」というようなセリフが物語の中にあるのですが、深いブラウンカラーの肌が本当にブルーに光って、とても美しかったです。それから、頬を伝う涙がすごく美しかった。

 

万人受けする映画ではない、というのは明らかです。黒人もゲイも社会的にマイノリティ扱いだし、貧困やドラッグの身近に暮らしている人たちもまた然りだから。物語も派手な事件や展開はなくて、とても個人的なものだから。

でも、孤独な一人の男性の叙情的な愛の物語として、描かれる感情はとても普遍的なものだとおもいました。男性として男性を求めた愛、育児放棄された少年に差し伸べられた愛、母親らしいことをしてあげられないけれどそれでもやはり息子を想う母親の愛、それらの愛は誰でも共感できる普遍的な愛情なのではないかとおもいます。

 

 

「デス・プルーフ in グラインドハウス」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20170310184601j:plain

デス・プルーフ in グラインドハウス(2007)

イケてる女の子たちが「デス・プルーフ」仕様の車に乗ったサディストおじさんに凄まじい殺され方をする前半と、また別のイケてる女の子たちが前半で登場したサディストおじさんのデス・プルーフとカーチェイスで闘う後半で構成されています。

車のことはよくわからないけれど、たぶん60〜70年代のダッジ、シボレー、マスタングなんかが登場してすごくかっこいい。タランティーノは旧車好きなのかな?あとタランティーノ好みでいうと、女の子たちの足なめのショット…「なめ」とか言うとタランティーノの性癖暴露メール流出を思い出して笑っちゃうので…足越しの?足フェチならではの?カメラワークがけっこうあります。

そしてめちゃくちゃかっこいいオープニングと音楽、ずっと続く他愛ない会話、タランティーノ作品に共通して好きなところです。終始ばかばかしくて、最高にばかばかしいラストなんかもう、声出して笑えます。

 

グラインドハウス」というのは、昔アメリカでB級映画(ホラー、アクション、エロ)を2〜3本立てで上映した興行スタイルのことだそうです。日本にもあったのかな?私がこどもだった頃の映画館の記憶は80年代後半〜90年代なので、もしかしたらそれ以前には日本にもグラインドハウスがあったのかもしれない。

今となっては小さな映画館はどんどん無くなって、特に地方はシネコンばかりだから、個性があった時代の文化なのかな。私が小学生の頃に友だちとチャリで行っていた映画館だって、3館とも閉館してしまったし。ショウケースの中に申し訳なさそうに売られていた5/8チップスとかPICKUPとか、館内の薄汚れた絨毯とビロード張りみたいな椅子、塗装の剥げた螺旋階段…思い出すとノスタルジーで鼻の奥がツンとします。

 

話が逸れましたが、「グラインドハウスをもう一度!」ということで、タランティーノロバート・ロドリゲスに声を掛けて、2007年にグラインドハウス2本立てをリバイバル上映しました。映像にわざとノイズとかキズとか飛びとか入れて、間に架空の映画の予告編とか挟んで。もう10年も前なんですね…またやってくれないかなー。

 

 

 

くーかっこいい!France Gallのオリジナルも死ぬほど聞いた思い出。

 

 

デス・プルーフ [Blu-ray]

「最後の追跡」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20170221005224j:plain

最後の追跡(2016)

約1か月前、機内上映で「何観ようかな〜」と選んでいたら、私の大好きなおじさんジェフ・ブリッジスが出ている映画を見つけたので観てみました。

ストーリーは、テキサスのお金に困った兄弟が銀行強盗を繰り返し、それを定年間際の警察官(テキサス・レンジャー?)が追う、という往年のウエスタン映画みたいな感じです。ネオ・ウエスタンというのかな。馬に代わってちょっとしたカーチェイスがあったりテキサス男の撃ち合いがあったりはしたけれど、全体的に静かなトーンの映画。それはストーリー展開もまた然りで、俳優たちの演技や皮肉屋な役のジェフ・ブリッジスジョークとかはよかったけれど、正直「おもしろい!」とはおもえませんでした。

早朝からのフライト&トランジットでの遅延、からの13時間フライト(帰国)中に観ていたので、観ていたというかただ目が開いていただけだったのかもしれない…とちょっと思い直したのは、帰国してからこの作品がアカデミー賞の数部門でノミネートされていると知ったときです。結局受賞は逃しましたが、Netflix作品でありながらアカデミー賞にノミネートされるほど、アメリカ国内で話題になった作品なんですね。

 

これは日本でいうところの時代劇リバイバルみたいな感じで、ネオ・ウエスタンスタイルがアメリカでウケたのかな?とか、アカデミー賞受賞しているコーエン兄弟の「ノーカントリー」になんとなくプロットが似ているからかな?とか、つまらないことを色々考えました。

 

色々考えた結果いちばんしっくりくる答えは「この映画がいまのアメリカを象徴しているのかも」です。

 

そもそもアカデミー賞はエンターテイメント色と政治色が強いお祭りなわけで、今回の授賞式を観ていても、司会のジョークや受賞者のコメントはトランプ大統領批判がものすごく目立ったし、主演&助演賞が男女ともそれぞれ白人と黒人半々だったり、エンターテイメント性の強い「ラ・ラ・ランド」と、人種や性におけるマイノリティーを扱った「ムーンライト」が、作品賞発表のごたごたも含めて話題になったり、とにかく「エンターテイメント」と「政治」なんだな、とあらためておもったのです。

長編アニメーション部門だって「ズートピア」だったし。それにしても2013年からスタジオジブリは毎回ノミネートされているのに、毎回ディズニーがオスカー獲っちゃうのがなんとなく悔しい。…それはさておき。

 

この「エンターテイメント」と「政治」という視点で「最後の追跡」という映画を考えてみると、すごくしっくりきます。まず、アメリカ人が大好きなウエスタンという古典がベースになっています。そして、銀行強盗をはたらく兄弟はお金に困ったホワイト・トラッシュであり、ネタバレを避けて言うと、彼らの目的は「遊ぶ金欲しさに強盗〜♪」とかではなく、事の発端にはサブプライムローンが絡んでいるのです。

虐げられてきた多くの有色人種やマイノリティに支持されたオバマ大統領の時代は終わり、新しい大統領としてトランプを選んだのは、豊かなアメリカの時代を築いた先祖を持つ、今は貧しいアメリカ白人だったわけです。

「いまのアメリカを象徴しているのかも」しれないこの映画を、アメリカの政治に深く興味を持っていない日本の私が大いに感動するわけない、ということで納得です。

 

ちなみに、ジェフ・ブリッジスはワイルドな風貌も好きですが、あのちょっとこもった声がなんとも言えず大好きです!