ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「海よりもまだ深く」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20170221004346j:plain

海よりもまだ深く(2016)

かつて作家として受賞したこともある良多(阿部寛)ですが、現在は興信所で働きながらギャンブルに精を出すダメな中年男。良多に愛想を尽かした妻の響子真木よう子)は息子の真悟を連れて出て行ってしまいましたが、良多は興信所勤務であることを活かし、息子や元妻の様子を毎日のようにうかがっていました。

良多の姉(小林聡美)は団地に一人で暮らす年老いた母(樹木希林)を頻繁に訪ねては、夕食のおかずを作ってもらったり、孫の習い事に援助してほしいとさりげなく頼んでみたり、そして「良多には絶対お金を渡さないでよね!」と念を押したりしています。

そんな姉の言動はおかまいなしに、良多は金銭的にキツくなると実家に帰っては仏壇や箪笥をあさります。良多は、響子に支払う養育費も滞らせていたし、息子のために野球のスパイクすら買ってあげられずにいました。

 

私の中の阿部寛は「トリック」とか「スニッファー」のおかげで、すっかり変人科学者みたいな役がお似合いのイメージなのですが、しがないダメおじさんの役がなかなかのハマリ役で意外でした。競輪場のシーンとか。「歩いても 歩いても」も観なくちゃ。

今の自分を否定するように、「こんなはずじゃなかった」という気持ちが滲み出ている良多の台詞は、笑えるけれど笑えない。世間には、思い描いていた大人になれなかった大人の方が圧倒的に多いんじゃないかとおもいます。

 

長身の阿部寛には昭和の団地サイズが小さくて、部屋の襖とかドアの類は頭を下げないと通れないし、古くて小さいお風呂に縮こまって入っている様子がおかしかったです。団地の家は、何十年も過ごした古い団地の独居老人が暮らす一室って絶対こんな感じ、というものすごいリアルがありました。おばあちゃんが孫に出してあげる“おやつ”って孫からしてみると謎チョイスだったりするけれど、その“おやつ”も抜かりなく気が利いていて、ちょっとニヤッとしてしまいました。

あと、過疎化が進んで老人ばかりになっている団地で「クラシック音楽を聴く会」みたいのがあるのですが、そのシークエンスがほんのり醸している哀愁がたまらないです。

是枝裕和監督作品に共通することですが、自然でリアルな会話もよかったです。「そんなことしたらアレだから」とか「アレしちゃおう」とか、日常生活の中で「アレ」という便利なことばはよく使われているとおもいますが、それがそのまま台詞になっています。こういうの好きです。確か、向田邦子作品にも使われていたとおもうのですが、記憶違いかな。

 

崩壊してしまった家族のやり切れなさが描かれていますが、この家族のその後が気になるラストでした。

 

 

 

 

海よりもまだ深く [DVD]

「ガール・オン・ザ・トレイン」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20170221004010j:plain

ガール・オン・ザ・トレイン(2016)

たのしくてついつい飲み過ぎてしまったとき、何度もワープを経験したし、まったく記憶がない…という恐怖も1度だけ経験しました。目が覚めると自分のベッドに寝ていたのだけれど、床には脱ぎ捨てられた泥のついたジーパン、そこらじゅうにばらまかれた小銭、そしてぺちゃんこに潰れたトルティーヤが…。自分自身も部屋もどうしてこんな無残な状態なのか全然思い出せない…まずいことやらかしていませんように!と願うしかありませんでした。

 

この映画の主人公レイチェル(エミリー・ブラント)は、離婚のつらさを乗り越えられずアルコールに依存してしまいます(こういうお酒って哀しいですね)。レイチェルはベロベロの状態で毎日毎日電車に乗って、かつて自分が結婚生活を送っていた家を見に行きます。車窓から見えるのは、元夫、彼と再婚した女性、そして2人の間に産まれた赤ちゃんが仲睦まじく暮らしている大きな一軒家。そしてその隣には、美男美女の夫婦がイチャイチャ暮らしていて、主人公は「理想の夫婦」として彼らの様子も毎日チェックしていました。

ある日、日課ののぞきをしていると、理想の夫婦の奥さんが見たことない男性とバルコニーで抱き合っている姿を目撃してしまうのです。

 

アル中主人公、別れた夫の新妻、そして主人公が憧れを抱いている人妻、この3人の女性を中心にしたサスペンス・スリラーです。

ひどいアルコール依存のためにベロベロでボロボロになっていく主人公。異常なストーカー扱いされて罵られ、しかも記憶が飛んじゃってるから「あれ、私何かとんでもないことしでかした…?」という恐怖に混乱して、本当に哀れです。

その思い出せない「何かとんでもないこと」が、例えば服を脱いじゃった〜とかぶん殴っちゃった〜とかならそのうち笑い話になるかも?しれないけれど、「人殺しちゃたかも…」なのだから頭ん中真っ白になって震えちゃいます。

主人公の泥酔や混乱している様子をぐわーんとしたカメラで表現していたり、断片的に映像を挟み込んでいたり、視覚効果が印象的でした。

 

悔しかったり、羨ましかったり、まぁいろいろあるとおもうけれど、のぞき見なんてするもんじゃないですね。

FacebookとかInstagramとかで、電車に乗らなくても簡単に他人の生活をのぞき見できちゃう世の中だもの。切り取られた写真に見えるリア充っぷりや理想の生活に、嫉妬して自己プロデュースに狂ったり、落ち込んで元気が無くなったりしちゃう人、多いとおもいます。

だったら見ない方がいいとおもいます。私は見ますけど。だって、あの四角い写真のフレームのすぐ隣にはきっと雑多な生活臭があって、一生懸命スタイリングしたり何度も撮り直したりしているんだって想像すると、なんだか可笑しいから。

 

あと、オン・ザ・トレインしているのは全然ガールじゃない。

 

 

ガール・オン・ザ・トレイン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

「シング・ストリート 未来へのうた」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20170221004923j:plain

シング・ストリート 未来へのうた(2016)

音楽ネタの青春映画って大好きです。ストーリーがイマイチでも音楽が好みだったらそれだけで加点ポイント高いのですが、この映画はストーリーも音楽も最高でした。

もちろんストーリーも音楽もキャラクター設定も、きちんと意図して作られているのだと思いますが、それらが絶妙で「ほーら、お前らこういうの好きなんだろ?」っていう作り手のイヤラシさを感じないところがよかった…というかたぶん私は、まんまとしてやられて気持ちよく感動しちゃったのだとおもいます。

 

物語の舞台は80年代のダブリン。主人公のコナーは15歳。夫婦仲が破綻した両親と、音楽好きのお兄ちゃん、真面目なお姉ちゃんとともに暮らしています。ある日、不況のあおりを受けて仕事がうまくいかなくなったお父さんから、私立高校からカトリックの公立高校へ転校するように言われます。

不良も多いシング・ストリート(Synge Street)高校は先生も最悪。初日に茶色い靴を履いて登校したコナーは「うちは校則で黒靴って決まってるから」と先生に言われ、「貧乏なので新しい靴買えません」と答えます。すると先生は「じゃ靴脱げよ」って!祭服を着ているのに慈悲なんて微塵もない!

イカツくもなく端正でもないコナーは不良のスキンズからどやされたりして、早々にスクールカースト底辺認定。そんな中、こちらもカーストの底辺をさまよっているであろう赤毛でおチビのダーレンが声をかけてくれます。

コナーとダーレンが下校しようとしたとき、学校と道路を挟んだ真向かいのところに、ものすごくイケてるかわいい女の子が立っているのを見つけたコナー。近寄って話しかけると、ラフィナという名の大人びた少女は「私モデルしてるの」と言います。彼女の気を引きたかったコナーは「僕のバンドのミュージックビデオに出てみない?」と提案し、見事ラフィナの電話番号をゲット。でもコナーは、バンドなんて組んでいないんです。

ダーレンの協力を得て至急バンドメンバーを集めたコナー。バンド名は、高校の名前にかけて“Sing Street”に決まり。お兄ちゃんが「他人の曲なんてダセー」っていうから、オリジナル曲も作りました。

こうしてコナーは、ラフィナと一緒にバンドのミュージックビデオを撮り始めるのです。

 

もう最高。イケてない男子がイケてる年上女子の気を引くためにバンド組んで、最初はへたっぴなのにどんどん上手になった、で年上女子にはカレシがいるけど彼女のクールな一面を見て完全に恋しちゃったりして…ああもう、最高にエモい!!

それから、夢を抱いても色んなものに押しつぶされて夢のまま終わってしまう現実とか、不況とか貧乏とか、そういうやるせなさや切なさを描いているのもよかった。かといって、曇りや雨ばかりのイギリスの空みたいにどんよりしたラストではなくて、音楽で未来を開けるかもしれない!いやきっと開けるんだ!という明るいエンディングなのもよかったです。

そしてすごく重要な音楽ですが、これがまたThe JamとかThe Cureとか使われていたり、David BowieのChina Girlを意識したのかなーとか。そのバンドを彷彿させる格好で登校したりとか、もうほんとかわいい。彼らに自分のステキな黒歴史を重ねた大人は少なくないとおもいます。

ちなみにオリジナル曲もすごくいいです。メロディーもいいし歌詞もエモくていい。Maroon 5のアダムが歌っていたりもして。

 

主人公のコナーを演じたフェルディア・ウォルシュ=ピーロ、オーディションで選ばれた新人俳優らしいけれど、この子がちょっとほっぺが赤くて本当にかわいいんです。最初は冴えない大人しい少年なのだけれど、どんどんかっこよく見えてきます。彼を見つけて選んでくれてありがとう!という感じです。

それから、うさちゃんが大好きなマルチプレイヤー(バンドではギター担当)のエイモンも良かった。マーク・マッケンナという若手俳優さんだそうです。

この2人をググったら、映画の中と外のギャップにびっくりしました。

 

 

 

シング・ストリート 未来へのうた(字幕版)