ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「淵に立つ」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20180325223759j:plain

淵に立つ(2016)

少し前に友人から勧められたタイミングで、ちょうどCSで放送予定があったので録画しておいたのですが、やっと観ました。友人が「超ショックな映画」と言っていたので覚悟していましたが、胸騒ぎのするシーンがいくつもあって「ヤダヤダ…コワイコワイ…」とボソボソ言いながら観終えました。

 

町工場を営む利雄(古舘寛治)のもとに八坂(浅野忠信)という男が訪ねてきます。2人は古い友人関係のようで、どうやら八坂は刑務所から出所したばかりで、さらに八坂が服役したことに利雄は恩を感じている様子。利雄は妻の章江(筒井真理子)に相談することなく、八坂を自身の工場で雇い入れ、さらに自宅の空き部屋にしばらくの間住まわせることを決めるのです。

同じ食卓を囲むことや入浴後の半裸姿の八坂に最初こそ戸惑っていた章江ですが、八坂の丁寧な言葉遣いや礼儀正しさ、さらにオルガンが弾ける八坂に娘がなついたこともあり、章江も八坂を受け入れるようになります。

 

とにかく全体的に不穏な、終始安心できない映画でした。なんせ浅野忠信が不気味すぎます。表情も話し方も、言葉の抑揚も、全部怖い。やっぱりすごい俳優なんだなー。

それから筒井真理子もすごかった。年月を経た見た目の変化は、肉じゅばんを巻いているのかな。完全にくたびれたおばさんになっていました。困ぱいして神経質になっていく様子も観ていてキリキリしたし、台詞が見えなかったです。

 

夫婦ってなんなんだろう?と思いました。利雄と章江は一見平穏な家庭生活を送っているようだけれど、夫婦間の喜怒哀楽が全然ないのです。これって平穏て言えるのかな。

しばしば夫婦は「空気のような存在」と例えられます。目に見えないほど当たり前に存在しているけれど、無くなったら生きていけない。夫婦が空気のような存在であるには、そこに絶対的な安心感や愛があってこそだと思うのです。「うちの夫?空気だねw」みたいにただ存在を無視するのも違うし、「金銭的にムリ」とか「家事育児なんかムリ」だから「居なくなったら生活できない」というのも違う。

利雄と章江が夫婦を続けているのは、娘という「かすがい」がいるからこそで、それ以外に関しては、ほんと惰性的に一緒にいるような感じがしました。夫婦でいる意味あるのかな、という薄っぺらで機械的な関係に見えるのです。

そんな夫婦の元にやって来るのが、八坂なのです。

 

最後まで観て思うのは、「八坂という人間は存在しなくても物語が成り立つ」ということです。夫婦間で全てを打ち明け共有しなくてもいいけれど、相手を裏切ってしまうような秘密は抱えるべきではないんだな。人道に反することはもってのほかだし、うしろめたいと感じることはしちゃいけない。

章江がプロテスタントであることと、象徴的な八坂のシャツの色に絡めて言えば、悪魔は天使のふりしてやってくる。それとも、天使と悪魔は表裏一体なのかな。

そして淵に立った時、悪魔が微笑んだらジ・エンドなのです。クワバラ、クワバラ…。

 

 

淵に立つ

浅野忠信がほんこわ!

「雑記」です

2016年1月1日、思い立ってブログを始めました。

映画を観たり本を読んだりしてもすぐに忘れてしまうので、それもなんだかもったいないなーと思い、観た順、読んだ順で感想を記録しようと思ったのがきっかけです。

飽きっぽいので、まさか2年以上続くなんて思ってもいませんでした。

記録すること、記録したものを後々読み返すこと、そしてどこかの誰かが私の書いたものを読んでくれる、リアクションしてくれることのたのしさがあったから、続いたのだと思います。

ここ最近、プライベートで大きな節目があり小忙しく過ごしていたので、ちょこちょこ映画を観たり本を読んだりしても、ブログに記録する、というところまでたどり着けずにいました。

ブログに記録するために、映画や本についてもう少し深く考えてみたり、どんな風に感想を書こうか、なんてことを考えているうちに、例によって内容を忘れてしまうためです。

どんなに「おもしろかったー!」と思っても、あっという間に忘れちゃうんです。

これじゃあ本末転倒だな、と思いました。

他の方のブログを読むと、みなさんすごく考察されていたり、細部まで感想を書かれていて、いつの間にか「わたしもちゃんと書かなくちゃ」なんて風に思ってしまったようです。

わたしはブロガーでもないし、そんなこと気にしなくていいのに。

なので、これからは「観た映画/読んだ本を順番に記録する」という初心にかえって、ブログを書いていこうと思います。

「すんごくおもしろかったです」みたいなクソのようなひとこと感想でもいいから、記録することに重きを置きたいと思います。

自分のための、チラ裏を束ねたようなブログです。

(「チラ裏」とかもう使わない言葉なのかな)

 

よろしくおねがいします。

「彼女たちの時代」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20180209194217p:plain

彼女たちの時代(1999)

「いいドラマ」とか「好きなドラマ」とかでタイトルは聞いたことがあったものの、なかなか観る機会のなかったドラマ(ちなみに1999年放送時、私は高校生でした)。それもそのはず、放送後に発売されたVHSはとっくに廃盤で、権利の問題か何かでDVD化もされていないのだとか。FOD配信一覧の中に見つけて、喜び勇んで一気見です。

 

26歳のOL・深美(深津絵里)は、カルチャースクールのゴスペル教室で同い年の千津(水野美紀)と出会い、意気投合します。そこへCPA(米国公認会計士)の資格取得を目指してカルチャースクールに来ていた、これまた同い年の次子(中山忍)が加わり、性格もタイプもバラバラな26歳女3人の友情物語が始まるのです。

 

例えば、ちょっと特殊な仕事をしている主人公が毎回大きなトラブルを乗り越えたり、事件を解決したり、流行のおしゃれな服を着て個性的な仲間とつるんだり…そういった派手さやキラキラは、登場人物にはひとつもありません。
主人公の深美は通販会社でクレーム対応をしているオペレーターだし、千津は食品会社の正社員といってもファミレスのウェイトレスとして出向中、次子は営業職へ異動願いを出すものの、男社会でうまく立ち回れずに苦労しています。彼女たちは、どこにでもいる<彼女たち>なのです。
男性の登場人物もまた然りです。とことん会社に苦しまされるエリート会社員(椎名桔平)だったり、叩き上げの中年サラリーマン(平泉成)だったり、才能が無いことを自覚しつつも夢を諦められない中途半端なバンドマン(加藤晴彦)だったり…。彼らもまた、どこにでもいる人々です。


つまりこの物語は、何者でもない冴えない人たちが日々抱える、仕事、恋愛、人生における大小様々な苦悩や葛藤や悲哀を丁寧に描き、同時に大人になってからの友情っていいものだなーということを教えてくれるのです。

 

バブル崩壊後のロストジェネレーションをうまく反映したドラマで、時代の閉塞感や個人の無力感を絶妙に表現しています。パワハラやセクハラもてんこ盛りの今となってはドン引きレベルで、こんなことがまかり通っていたなんてゾッとします。<人間開発室>って本当に存在したのかな…。女性は20代で寿退社が当たり前だったから26歳でも御局様一歩手前だったり、女性が営業職で男性と同じように働くなんて笑わすな、みたいな時代です。そういえば、OLという言葉も今となってはあまり聞かなくなりました。とにかく、過去20年で日本はずいぶんと性差の無い社会へ変わったようにおもいます。

 

毎話挿入される主人公の自分語りがとても良くて、<大多数の普通の人々>の代弁のように感じました。

前向きに生きよう、というのが嫌いだ。問題はそんなに簡単ではない気がするのは私だけだろうか。いったいどっちが前なのか分からないのは、私だけだろうか。

 

プロローグに、「私はここにいるんだ、それを誰かに分かってもらいたい」というい台詞があります。一体自分は何者なのだろう?自分を変えたい、変わりたい、でもどうしていいか分からない…。
インターネットやSNSで誰でも発信できるようになり、承認欲求も満たしやすい時代になりましたが、時代が変わっても、世代が違っても、このドラマに共感できることはたくさんあります。人生は小さな出来事が延々とつながっているものなのだ、ドラマチックなことは起こらなくても、小さな楽しみや幸せがあるだけでいいじゃない。
彼女たちが出会ったひと夏の物語はあまりにも現実味があって、40代半ばになった彼女たちがどこかで生きているような気がしてしまうほどです。地味だけれど、良質なドラマでした。

 

---


やっと観ることができて、ほんとFODグッジョブ!です。他にも過去のドラマがたくさんラインナップされていましたが、「お金がない!」が無かったのが残念。ただ31日間は無料で観られるので、なつかしのドラマなど見つけて一気見するの、オススメです。

 

FODプレミアムの解約・退会方法 無料期間内にスマホから行う手順

(解約方法が紹介されています。ご参考に)