読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールとポップコーン

ネタバレ書かずに、観た映画(ときどき読んだ本など)を雑文多めに記録しています。

「トレインスポッティング」を観ました

f:id:somewherearoundhere:20170410180933j:plain

トレインスポティング(1996)

中学2年生の時、ミニシアター系をたくさん上映していた今は無き地元の映画館で観て、ショックを受けたのを覚えています。ポスターも映像も音楽も全てが初めて知るかっこよさで、急いでいちばん大きな書店に行って原作小説を買い、CDショップでサントラを買いました。原作には映画以上にキョーレツなエピソードがいくつもあって夢中になって何度も読み返し、サントラも何度も何度も聴きました。ビートルズにブラーとオアシスくらいしか知らなかったイギリスの音楽でしたが、この映画をきっかけに新旧のブリットロック/ポップスを聴くようにもなりました。当然、映画もビデオになってから何度も何度も観ました。ポストカードを大量にコピーしてオリジナルメモ帳も作ったし、中学3年生の時の文集にはトレインスポッティングについて言及したし、そんなイタさもいい思い出です。

そんな思い入れのある「トレインスポッティング」の続編が公開になるということで、劇場に行く前日に、久しぶりに観てみました。

 

物語はスコットランドエディンバラで暮らす、しょうもないジャンキーたちのお話です。主人公はマーク・レントンユアン・マクレガー)、何度か禁ヤクにチャレンジしているけれど達成できず。レントンの友人に、ブロンドヘアでイケメンで007オタクのシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)。気が弱く根が優しく、いちばんジャンキーなスパッド(ユエン・ブレムナー)。ヤクには手を出さず、筋トレとセックスしか脳が無いイギー・ポップ好きのトミー(ケヴィン・マクキッド)。そしてトミーと同じくヤクには興味がないけれどケンカ中毒でトラブルメイカーのベグビー(ロバート・カーライル)。

ヘロインとセックスと犯罪にまみれた彼らの日常を描いているのですが、ある出来事をきかっけに、主人公は人生の選択をするのです。“Choose Your Future.Choose Life.”というどストレートでキャッチーな公開時のコピーもまた、すごく印象的でした。

<以下ひどくネタバレしています>

続きを読む